6月に改まった手紙やメールを書く機会がある方も少なくないはず。


中には、「6月に結婚式を挙げる」という親類に向けて手紙を書きたいと考える方もいると思います。


皆さんは、6月は6月でも、上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉が変わってくることをご存知ですか?


今回は、6月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、その言葉を含めた時候の挨拶の例文をまとめてご紹介します。

6月

「時候の挨拶」ってなに?


時候の挨拶は、文章の書き出し部分にくる礼儀文のことを言います。


「○○の候」「○○の折」といった部分が時候の挨拶で、文章に季節感をプラスする役割があります。


中には「時下」「天候不順のみぎり」などといった、季節に関係なく年中使える時候の挨拶もありますが、季節感のある時候の挨拶を使ったほうが美しい文章になります。


6月はちょうど梅雨入りする時期でもあるので、雨に関連する言葉がよく使われますし、初夏の時期でもあるので夏に関連する言葉も使うことができます。


上旬・中旬・下旬それぞれの言葉・季語まとめ


まずは、時候の挨拶に入れることができる言葉や季語を、上旬・中旬・下旬に分けてあげてみたいと思います。


上旬の言葉・季語



芒種
初夏
向暑
薄暑
入梅
梅雨
青葉
若葉
麦秋
菖蒲(あやめ)
紫陽花(あじさい)
クチナシ
若鮎
衣替え

など…


中旬の言葉・季語



梅雨
長雨
短夜
向暑
深緑
初夏
梅雨晴れ
梅雨寒
紫陽花

など…


下旬の言葉・季語



夏至
初夏
向暑
短夜
長雨
梅雨
空梅雨
梅雨晴れ
梅雨寒
梅雨冷え
紫陽花
父の日

など…


スポンサードリンク


上旬・中旬・下旬の時候の挨拶例文まとめ


ではここからは、先ほどご紹介させていただいた言葉や季語を含めた、時候の挨拶の例文をご紹介していきます。

上旬の時候の挨拶



芒種の候
初夏の候
向暑の候
薄暑の候
入梅の候
梅雨の候
麦秋の候
(「~の候」は「~のみぎり」「~の折」に置き換えても大丈夫です)


【親しい人向け】

青葉若葉のみぎり
清流に若鮎の踊るころとなりました
初夏の風が半袖に心地よい季節となりました
今年ももう衣替えの時期になりましたが
庭のあやめが美しく咲き誇る季節となりました。
梅雨がもうそこまでやってきておりますが
初夏のさわやかな風が、木々の緑と戯れる頃となりました


中旬の時候の挨拶



梅雨の候
長雨の候
短夜の候
向暑の候
深緑の候
初夏の候
(「~の候」は「~のみぎり」「~の折」に置き換えても大丈夫です)

【親しい人向け】

梅雨空のうっとうしいこのごろ
梅雨の晴れ間の青空が新鮮です
梅雨冷えが肌寒い季節ですが
梅雨明けが待たれる毎日ですが
紫陽花の花が雨に映える季節となりました
山々の緑もひと雨ごとに色を深めてまいりました
久しく会わないうちに、季節は梅雨に入りました


下旬の時候の挨拶



夏至の候
初夏の候
向暑の候
長雨の候
梅雨の候
梅雨寒の候
(「~の候」は「~のみぎり」「~の折」に置き換えても大丈夫です)


【親しい人向け】

梅雨明けも間近になりましたが
そろそろ海や山が恋しい季節
暑さが日ごとに増してまいりましたが
梅雨が続き長靴が大活躍のこの頃ですが
夏至を過ぎたとはいえ、梅雨寒に震える日もありますが
雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃
雨に濡れたあじさいの青がひときわ美しいこの頃です


上旬・中旬・下旬で分けて時候の挨拶を考えてみよう


6月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、その言葉を含めた時候の挨拶の例文をご紹介させていただきました。


上旬・中旬・下旬で分けて時候の挨拶を考えてみたほうが、より細かい季節感が相手に伝わると思うので、上旬・中旬・下旬それぞれに合った時候の挨拶を考えてみてくださいね。


スポンサードリンク