5月に改まった手紙やメールなどの文章を書く時、上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉が微妙に違ってくることがあります。


今回は、5月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる季節感のある言葉と、時候の挨拶の例文をまとめてみました。
5月

時候の挨拶について



時候の挨拶は、本文の一番最初にくる挨拶のことです。


手紙だと、「拝啓」などの「頭語」と呼ばれる言葉の次にくる、「○○の候」「○○のみぎり」といった言葉が時候の挨拶になります。


一般的には、その時の季節や気候を表す時候の挨拶が使われます。


5月は春から夏へと季節が一気に移り変わっていく月なので、春をイメージさせる言葉はもちろんのこと、夏をイメージさせる言葉も使うことができます。


上旬・中旬・下旬それぞれの言葉・季語まとめ


時候の挨拶の例文をご紹介する前に、まずは5月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に使うことができる言葉や季語をまとめてみました。

上旬の言葉・季語



立夏
五月
新緑
薫風
青葉
惜春
残春
晩春
若葉
新茶
八十八夜
五月晴れ
端午の節句
こいのぼり
ゴールデンウィーク

など


中旬の言葉・季語



新緑
若葉
緑樹
初夏
青葉
万緑
薫風
暮春
軽暑
風薫る
五月晴れ
バラ
カーネーション

など


下旬の言葉・季語



小満
深緑
万緑
軽暑
惜春
微暑
向暑
風薫る

田植え

など



スポンサードリンク



上旬・中旬・下旬の時候の挨拶例文まとめ


先ほどご紹介した、5月上旬・中旬・下旬それぞれで使うことができる言葉や季語を踏まえた時候の挨拶の例文をご紹介します。

上旬の時候の挨拶



立夏の候
新緑の候
薫風の候
青葉の候
残春の候
惜春の候
晩春の候
(「~の候」は「~のみぎり」「~の折」でもOK)


【親しい人向け】

風薫る五月
五月晴れの空が美しい季節
青葉が美しい季節となりました
暦の上では夏となりました
穏やかで過ごしやすい季節となりましたが
新緑がまぶしい季節となりましたが
八十八夜も過ぎ、穏やかな陽射しの日が続いています



中旬の時候の挨拶



新緑の候
緑樹の候
青葉の候
万緑の候
薫風の候
暮春の候
軽暑の候
(「~の候」は「~のみぎり」「~の折」でもOK)


【親しい人向け】

深緑の色増す頃
風薫る季節となりました
初夏の風に薔薇香る今日この頃
五月晴れの好季節となりましたが
春から初夏へと季節がうつろいゆく今日この頃
暦の上では立夏となり、夏めいた雰囲気が感じられるようになりました


下旬の時候の挨拶



小満の候
深緑の候
万緑の候
惜春の候
軽暑の候
微暑の候
向暑の候
(「~の候」は「~のみぎり」「~の折」でもOK)


【親しい人向け】

新緑の色増す今日この頃
風清らかな初夏の候
暦の上ではもう夏となりましたが
初夏の日差しに青葉輝く季節となりましたが
早くも夏の到来を思わせる暑さとなりましたが
日中は少し汗ばむほどの季節となりましたが
小満を迎えいよいよ夏が近く感じられる頃となりました


上旬・中旬・下旬で時候の挨拶を変えてみて!


ここまで、5月上旬・中旬・下旬の言葉と例文をまとめてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


5月上旬・中旬・下旬に共通して使うことができる言葉や時候の挨拶もありますが、上旬・中旬・下旬で変えてみると、より季節感が表れた時候の挨拶を書くことができると思います。


もちろん、地域によって使う時期の調整が必要な時候の挨拶もあるので、その辺りは地域に合わせて調整してみて下さい。


スポンサードリンク