新年度のスタートである4月は、改まった文章を書く機会も増えると思います。


改まった文章を書く場合は「時候の挨拶」が必要になるわけですが、この時候の挨拶、上旬・中旬・下旬でも変わってくることがあります。


今回は、4月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をまとめてみました。

4月

時候の挨拶とは?


時候の挨拶とは、手紙やメールなどの本文の最初に来る挨拶のことを言います。


「○○の候」「○○となってまいりましたが~」といった部分が時候の挨拶です。


「時候」という言葉の通り、気候や季節を表す部分でもあるので、季節感のある言葉を入れた時候の挨拶が使われる場合が多いです。


4月の中でも気候が違う


4月というと、地域によってはまだ雪が降ることもあるので、上旬はまだ寒さも残っています。


そして、中旬・下旬と日を追うごとに気温が上がり、緑が増えてきます。


ですから、上旬・中旬・下旬で適した時候の挨拶が変わってきます。


また、4月を象徴する植物「桜」の開花時期も地域によって異なってくるので、「桜」という言葉を使う場合は、「咲いている状態なのか、散り始めの状態なのか」という部分にも気を付けましょう。


上旬・中旬・下旬それぞれの言葉・季語まとめ


4月上旬・中旬・下旬それぞれの時候の挨拶で使うことができる言葉・季語をまとめてみました。

上旬の言葉・季語



卯月
春暖
清明
仲春
陽春
春眠
春風
花冷え
桜花

菜種梅雨
春和景明
春爛漫
入学
入社

など…



中旬の言葉・季語




春陽
仲春
春粧
軽暖
陽春
桜花

若草
朧月
お花見
春爛漫
チューリップ
たけのこ

など…


下旬の言葉・季語



春暖
春日
晩春
惜春
麗春
若草
葉桜
新緑
穀雨
菖蒲
牡丹
つつじ

など…



スポンサードリンク



上旬・中旬・下旬の時候の挨拶例文まとめ


先ほどの項目でご紹介した、上旬・中旬・下旬それぞれの言葉・季語を踏まえると、これからご紹介するような時候の挨拶を作ることができます。

上旬の時候の挨拶



春暖の候
清明の候
菜種梅雨の候
春和景明の候
春爛漫の候
花冷えの候
桜花の候
(「候」は「みぎり」「折」にしてもOK)


【親しい人向け】

やわらかな春風に心華やぐ季節を迎え
春爛漫の美しい季節となりました
春眠が心地良い季節となりました
各地で花の便りが聞かれる頃となりました
このところ花冷えが続いておりますが
菜種梅雨も明け、日増しに暖かくなってまいりました
桜の花が咲き始め、暖かい日差しが縁側に降り注ぐようになりました



中旬の時候の挨拶



春陽の候
仲春の候
春粧の候
軽暖の候
陽春の候
桜花の候
春爛漫の候
(「候」は「みぎり」「折」にしてもOK)


【親しい人向け】

風光る若草の頃
春光麗らかな今日この頃
桜の便りが次々に聞かれるこの頃
うたた寝の心地よさを感じる季節
夜空には朧月が眺められる季節になってまいりました
風に舞う花吹雪が目に眩しい今日この頃
花の盛りもはや過ぎつつあり、日一日と緑が濃くなってまいりました


下旬の時候の挨拶



春暖の候
春日の候
晩春の候
麗春の候
若草の候
穀雨の候
(「候」は「みぎり」「折」にしてもOK)


【親しい人向け】

春も終わりに近づき
若草萌え立ち春深む頃
心地よい春の陽気を惜しむ昨今
新緑が芽吹く季節となりました
桜が散り去り、緑の季節を迎えようとしております
花の季節はいつしか過ぎ去り、葉桜がゆれる季節になってまいりました



4月らしい時候の挨拶を書いてみて!


4月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をご紹介させていただきました。


「新生活がスタートする」という方が増える4月、同時に改まった文章を書く機会が増える方も多いと思うので、4月らしい季節感のある時候の挨拶を書いてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク