別れの季節でもある3月は、改まった手紙やメールなどの文章を書く機会も多くなると思います。


3月に改まった手紙やメールを書く時、3月ならではの時候の挨拶を使用することになります。


ただ、一言に「3月」と言っても、時候の挨拶に入れる言葉が上旬・中旬・下旬で微妙に変わってきます。


そこで今回は、3月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をまとめてみました。
3月

時候の挨拶について


時候の挨拶は、手紙やメールの本文冒頭に記載する挨拶のことを言います。


基本的には季節感のある時候の挨拶を書くのが一般的で、季節を表す「季語」を含めた時候の挨拶がよく使われます。


3月だと、だんだんと季節が春に近づいてきている様子やひな祭りに関する時候の挨拶がおすすめです。


上旬・中旬・下旬それぞれの言葉・季語まとめ


一言に3月といっても、上旬・中旬・下旬で気候や行事などが変わってきますよね。


そこでまずは、時候の挨拶に使える3月上旬・中旬・下旬それぞれの言葉や季語をまとめてみました。

上旬の言葉・季語



弥生
啓蟄
春分
早春
浅春
春寒
向春
初春
春陽
春風
春景
春光
解氷
卒業
旅立ち
上巳の節句
桃の節句
ひな祭り

など…



中旬の言葉・季語



向春
早春
浅春
初春
初雷
春雷
春陽
春風
春景
春光
解氷
桃花
桜花
卒業
旅立ち
ホワイトデー

など…


下旬の言葉・季語



春分
彼岸
麗日
春暖
仲春
孟春
卒業
春陽
春風
春景
春光
送別会
菜の花

など…



スポンサードリンク



上旬・中旬・下旬の時候の挨拶例文まとめ


では、季語や言葉を踏まえた時候の挨拶の例文をご紹介します。

上旬の時候の挨拶



早春の候
春分の候
啓蟄の候
浅春の候
春寒の候
向春の候
解氷の候
初春の候
(※「候」は「みぎり」「折」でも可)


【親しい人向け】

弥生の空美しく晴れ渡り
桜の開花が待ち遠しい今日この頃 
日増しに暖かくなってまいりました
明るい日差しに春の気配を感じる頃
春の訪れが間近に感じられる頃となりました
日ごとに春らしい陽気となってまいりました
ひな祭りも過ぎると、いよいよ暖かい春の訪れを感じます


中旬の時候の挨拶



向春の候
早春の候
浅春の候
初春の候
春雷の候
春風の候
桃花の候
桜花の候
(※「候」は「みぎり」「折」でも可)


【親しい人向け】

水温む季節となりました
花便りの聞かれる季節となりました
遠い春雷が春の訪れを告げています
めっきり春らしくなってまいりましたが
寒さもようやく衰えはじめましたが
旅立ちの春を迎え、日増しにあたたかさを感じています
梅も散り、花桃のつぼみもだいぶふくらんできましたが


下旬の時候の挨拶



春分の候
春景の候
春光の候
仲春の候
春暖の候
麗日の候
水ゆるむの候
(※「候」は「みぎり」「折」でも可)


【親しい人向け】

春色にわかに色づき
麗らかな春の気配に花時を迎え
桜もようやくほころぶ季節となりました
だんだん春めいてまいりました
春とはいえまだまだ寒い日が続いておりますが
天も地もすっかり春のよそおいをこらしてきましたが
暑さ寒さも彼岸までと申しますが、ようやく春の気配を肌で感じられるようになりました


時候の挨拶で「季節感」をプラスしよう



3月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をご紹介させていただきました。


季節問わずに使える時候の挨拶もあるのですが、3月らしい季節感のある時候の挨拶にしたほうが、季節感のある文章にすることができます。


是非参考になさってくださいね。


スポンサードリンク