改まった手紙やメールを書く時に必要な「時候の挨拶」


2月に適した時候の挨拶はたくさんあるのですが、上旬・中旬・下旬でも変わってくることをご存知でしょうか?


今回は、2月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をまとめてご紹介します。

2月

「時候の挨拶」とは?


時候の挨拶とは、「○○の候」「○○のみぎり」などといった、本文の書き出し部分に書く挨拶のことを言います。


ビジネス関係の手紙やメールだと、季節関係なく書くことができる時候の挨拶を用いる場合もありますが、季節感のある言葉を交えた時候の挨拶を書くのが一般的です。


「2月」という季節を意識した時候の挨拶がGOOD


2月というと、冬が終わりに近づくと同時に春へと向かっていく季節ですよね。


ですから、「冬の終わり」と「春の訪れ」を感じさせる言葉が含まれた時候の挨拶がオススメです。


上旬・中旬・下旬それぞれの言葉・季語まとめ


では早速、時候の挨拶に含めると季節感が感じられる言葉や季語を、上旬・中旬・下旬に分けてご紹介します。

上旬の言葉・季語



立春
向春
晩冬
春寒
残寒
寒明
厳寒
余寒
節分
初牛
雪まつり
豆まき
受験
猫柳
梅花
梅のつぼみ

など…


中旬の言葉・季語



向春
立春
残雪
軽暖
春寒
残寒
余寒
春雪
晩冬
雨水
梅花
梅の花
三寒四温
バレンタイン

など…


下旬の言葉・季語



向春
早春
春寒
寒風
残寒
余寒
解氷
梅花
雨水
水ぬるむ
鶯(うぐいす)
三寒四温
桃の節句(間近に迫っている)
卒業

など…



スポンサードリンク



上旬・中旬・下旬の時候の挨拶例文まとめ


先ほどご紹介させていただいた言葉や季語を含めた、2月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶の例文をご紹介します。

上旬の時候の挨拶例文



立春の候
晩冬の候
残寒の候
寒明の候
厳寒の候
余寒の候
※「候」は「みぎり」「折」に置き換えても使用できます。


【親しい人向け】

余寒なお厳しい折
猫柳の絹毛が銀色に光る頃
“冬来りなば、春遠からじ“と申します
梅花もほころび 春の到来が待ち遠しい頃
春とは名のみ、寒さがぶり返してきたような今日この頃
寒さの中にも春の足音が聞こえてくる今日この頃
立春とはなりましたが、まだまだ寒い日が続いています
寒さもややゆるみ、春の訪れが待ち遠しい季節となりました


中旬の時候の挨拶例文



向春の候
軽暖の候
春寒の候
余寒の候
残寒の候
春雪の候
残雪の候
晩冬の候
梅花の候
※「候」は「みぎり」「折」に置き換えても使用できます。


【親しい人向け】

残寒去りやらぬ折柄
いくらか寒さもゆるみ
寒のもどりが激しいこの頃ですが
雪解けの水もようやく緩み、春の兆しが見え始めました
梅の花もほころび始め、春の訪れの近いことが感じられます
2月もなかばとなり、日脚が徐々に伸びてまいりました
余寒の中にも、日差しの暖かみを感じられる季節になってまいりました
立春が過ぎたと思うと、こころなしか和らいだ気持ちで過ごせます


下旬の時候の挨拶例文



向春の候
早春の候
春寒の候
寒風の候
残寒の候
余寒の候
解氷の候
梅花の候
三寒四温の候
水ぬるむ候
※「候」は「みぎり」「折」に置き換えても使用できます。


【親しい人向け】

梅香る今日この頃
残寒身にしむこのごろですが
鶯の初音が聞かれる頃となりました
ひと雨ごとに春めく今日この頃
艶やかな紅梅に心弾む季節となりました
桃の節句が近づき、我が家でもお雛様の飾り付けをいたしました
寒さもやや緩み、待ち遠しかった春の訪れに快さを覚えます
朝の寒さは身にしみるものの、日だまりの暖かさには春の到来を感じます



季節感たっぷりの時候の挨拶を書こう


2月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をご紹介させていただきました。


今回ご紹介させていただいた例文をそのまま参考にしても良いですし、2月は2月でも地域によって気候が違ってきたり、2月を象徴する行事もあったりするはずですから、オリジナルな時候の挨拶を考えてみても良いと思います。


スポンサードリンク