季節の挨拶、夏真っ盛りの8月にはどんな風にしたらいい?


書き出し・結びといった基本的な構成をおさえて、お手紙のマナーを学びましょう!


より素敵になる季語もご紹介します。

8月

季節の挨拶って何のためにあるの?


最近はなかなか手書きのお手紙を書くことも少ない時代になりました。


だから、ビジネスやプライベートで少し改まった手紙を書くとなると季節の挨拶で迷ってしまうこともありますよね。


季節の挨拶は省いてしまっても大丈夫という考え方もありますが、せっかくなら素敵な印象を与えたいものです。


「前略」などの表現もあるので季節の挨拶がないからといって失礼に当たるという訳ではありませんが、あった方がより温かみの感じられるよいお手紙になります。


少し面倒に感じられるかもしれませんが、季節の挨拶はお手紙の印象アップにつながります。


ぜひマスターして今後の手紙を書く機会に役立てていきましょう。


慣れればとても簡単です。楽しむ気持ちでお手紙を書いてみてくださいね。

8月の書き出し・結びはどんな感じ?


体感的に一年のうちで一番暑い季節かもしれません。


暑さが体にこたえて夏バテしてしまう方もいる季節ですね。


では、そのあたりをイメージして考えていきましょう。


書き出し


ビジネスにふさわしい表現です。

・季夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

・納涼の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

・残炎のみぎり、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

・晩夏の候、皆様におかれましてはますますご活躍のこととお慶び申し上げます。


まだまだ暑いこの季節。でも、そろそろ「晩夏」や「残暑」といった表現がふさわしい時期です。


ちょっと季節を先取りした表現ですが、8月はこのような挨拶がおすすめです。



プライベート向けの表現です。

・ひまわりが青空に映える季節、皆様いかがお過ごしでしょうか?

・厳しい残暑が続いております。ご家族皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか?

・暑さが続きますが、空には秋の気配が感じられる今日この頃ですね。お元気でお過ごしですか?

・暦の上では秋となりましたが、まだまだ体にこたえる暑さが続いていますね。


実際にはかなり暑い時期だったりしますが、お手紙では「秋の気配」などの表現を意識してみましょう。


とくに立秋を過ぎてからのお手紙は「秋」という表現を少し取り入れるのがベストです。

スポンサードリンク


結び


・残暑厳しき折、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

・向秋の候、社業のさらなる発展をお祈り申し上げます。

・秋とは名ばかりでまだ暑さが続きます。くれぐれもお体を大切になさってください。

こんな季語を入れてみよう!


では、8月にぴったりの季語をみていきましょう。


残暑、向秋、暮夏、残炎、避暑、立秋、秋暑

向日葵(ひまわり)、盆踊り、花火、夕涼み、風鈴

夏の終わり、青空、秋の気配、秋の雲、秋の風


この時期になると季節の移ろいが感じられる瞬間も訪れます。


ぜひ季節感を上手に取り入れていきましょう。

スポンサードリンク