ちょっと文章にまよってしまいがちな季節の挨拶。


7月のお手紙にはどのような書き出しと結びがぴったりなのでしょうか?


書き出し・結び・季語などをしっかりとポイントを押さえてお手紙を書いていきましょう。

7月

季節の挨拶って?オリジナルでOK?


季節の挨拶は、時候の挨拶ともいわれビジネスでもプライベートでも少しきちんとしたお手紙なら必須ですね。


最近は省略されることも増えましたが、やはりあるとないとではだいぶ印象が違います。


季節の挨拶は、季節に応じた相手への心遣いです。


手紙に温かみを添えてくれるので、ぜひこの機会にマスターしましょう。


季語など、よく使われる言葉もある程度決まっていますが、オリジナルでも問題ありません。


自分なりにアレンジしたりして、素敵な季節の挨拶を考えていきましょう!

7月の書き出し・結びはどんな感じ?


暑くなってくる7月。どんな言葉をイメージしますか?


では、さっそく7月のお手紙の書き出しについてみていきましょう。


書き出し


ビジネスに使いやすい表現です。

・梅雨明けの候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

・仲夏の候、貴社一層ご隆盛のこととお慶び申し上げます。

・炎暑の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。


梅雨が明けて、本格的な夏が到来するこの季節。


梅雨明けや夏の暑さをイメージさせる表現がぴったりですね。



では、プライベートにぴったりの表現です。

・長かった梅雨も明け、輝くような夏空になりました。皆様お変わりなくお過ごしですか?

・日に日に暑さが増す今日この頃、皆様お元気にお過ごしでしょうか?

・冷夏と言われている今年の夏ですが、やはり暑さが厳しい時期となりました。

・夏休みの子供たちの元気な声が聞こえる季節になりましたね。いかがお過ごしですか?


こちらも、梅雨が明けて暑くなったこの季節を表す表現がぴったりです。


結び


・暑さ厳しき折、くれぐれも体調など崩されませぬようご自愛ください。

・本格的な夏を迎えました。皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

・酷暑の折、社業のますますの発展をお祈り申し上げます。


こちらも暑さが厳しい季節なので体を気遣う表現が良いですね。

スポンサードリンク


こんな季語を入れてみよう!


7月にふさわしい季語を集めてみました。あいさつ文を考える参考にしてみてくださいね。


仲夏、酷暑、猛暑、炎暑、小暑、大暑

海開き、七夕、夏休み、風鈴

朝顔、水連、スイカ、夕涼み、夕立、夏祭り


見事に「」という漢字が並びますね。


ちなみに小暑は7月7日、大暑は7月23日です。このあたりの期間が目安なので、この時期のお手紙に使うとよい言葉です。


時期を間違えないように気を付けてくださいね。


季節の挨拶はある程度決まった書き方がありますが、「必ずしもこう書かなくてはいけない」というものはありません。


ぜひ、この暑い夏に相手を思いやる気持ちをあいさつ文にこめてお手紙を書きましょう。

スポンサードリンク