季節の挨拶、雨降りの6月にはどんなものがおすすめ?


書き出しと結びなどの基本をしっかりと押さえて、素敵なお手紙を目指しましょう。


この時期にぴったりの季語もご紹介します!

6月

季節の挨拶の構成はどうしたらいい?


まず、6月の季節の挨拶を考える前に少し基本をおさらいしておきましょう。


一般的な手紙には「頭語」と「結語」があります。


この頭語の後に書き出しの挨拶・時候の挨拶を入れて、結語の前に結びの挨拶を入れます。


頭語というのは、「拝啓」などの言葉、結語というのは「敬具」などの言葉を意味します。


そして、書き出しの挨拶は季節の表現+相手の安否を気遣う表現が基本です。


結びも同じように、季節の挨拶+相手の体調を気遣うor繁栄を願う表現を基本に考えます。


結びの表現では、季節を問わずに使えるものも少なくありませんが、せっかくですので季節感を出して素敵なお手紙を仕上げていきましょう。

6月の書き出し・結びはどんな感じ?


では、具体的に6月にぴったりの書き出しと結びについて考えてみましょう。


まず、例文を見る前に何となく6月をイメージしてみてくださいね。


イメージがあることでだいぶ季節の挨拶は考えやすくなりますよ。

6月の書き出し


まずは、ビジネスに使える表現を集めました。

・入梅の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

・麦秋の候、貴社いっそうご繁栄のこととお慶び申し上げます。

・向暑のみぎり、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。


6月に入ると地方によりますが、梅雨に入りますね。その表現が「入梅」です。


麦秋というのは、秋ではなくこの季節の麦が実るころを意味します。



次に、わりと親しい方向けの表現です。

・梅雨に入り雨がしとしとと降り続きます。体調など崩されていませんでしょうか。

・雨に濡れる紫陽花の美しい季節、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

・梅雨の晴れ間の暑さがまるで真夏のようです。お元気でお過ごしでしょうか。


長雨の時期は、肌寒い日も多く体調を崩す方も多いシーズンですね。


雨に関する表現、梅雨の晴れ間に関する表現がこの時期にぴったりです。

6月の結び


・長雨の候、貴社ますますのご発展をお祈り申し上げます。

・梅雨明けももう間近です。皆様どうかご自愛くださいませ。

・梅雨が明けましたころ、またお会いできるのを楽しみにしています。


このように、ビジネスの場合には発展を願う表現を盛り込みます。


プライベートの場合、相手の体調などを気遣う心遣いがポイントです。

スポンサードリンク


こんな季語を入れてみよう!


6月に使いやすい季語と表現を集めました。


入梅、長雨、麦秋、簿暑、向暑、短夜、梅雨晴れ

夏至、紫陽花、露草、衣替え

梅雨冷え、梅雨の晴れ間、暑さ


梅雨の季節は地域によってかなり様子が違ってくるものです。


今の自分の地域の季節感にふさわしい言葉を選んでみましょう。


空梅雨の場合には、「梅雨とは名ばかりで」といった表現もふさわしいですね。



いかがだったでしょうか?


雨がしとしと降る梅雨にぴったりの表現でお手紙を彩りましょう。

スポンサードリンク