季節の挨拶を考えるときに、気を付けることは?


5月にふさわしい書き出し・結び・季語をまとめてみました。


これで初夏のお手紙もばっちりですよ!

5月

季節の挨拶は絶対手紙に入れたほうがいい?


最近のビジネス文書では、季節の挨拶がない=失礼!ということではなくなってきたようです。


でも、季節の挨拶があることで「ワンクッション」になります。


ビジネスシーンでもプライベートでもすぐに本題に入ってしまうと、なんだか寂しく機械的な感じを受ける場合もあります。


そういう印象ではなく、有機的で血の通った手紙・・という印象を与えるのに季節の挨拶はぴったりです。


自分が手紙を受け取る側だと想像してみてください。


もし、素敵な季節の挨拶がお手紙にあったら、それだけでだいぶ良い印象を持たれるのではないでしょうか?


基本的なルールをしっかりと理解すれば、季節の挨拶をお手紙に入れるのもどんどん楽しくなってきますよ。


そのルールも全く難しくないものなので、ぜひこれからのお手紙にお役立てくださいね。

5月の書き出し・結びはどんな感じ?


では、具体的な文例を挙げていきましょう。


慣れてきたら自由にアレンジして、より素敵な文章にするといいですね。


5月の書き出し


・葉桜の候、貴社いよいよご繁栄のこととお慶び申し上げます。

・万葉の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

・残春のみぎり、皆様ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。


ビジネスに使いやすい固めの表現です。


葉桜や生い茂る新緑を意味する「万葉」など、春から夏に移り変わる季節を表現しましょう。


残春というのも、なかなか趣がありますね。


・青葉が美しく輝くこの頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。

・五月晴れが心地よい季節となりました。ご家族皆様いかがお過ごしでしょうか。

・若葉が目にしみる新緑の季節、お元気でお過ごしでしょうか。


他にも親しい関係なら、ゴールデンウィークやカーネーションといった身近な表現を使ってみるのも楽しいですよ。

5月の結び


・寒暖の差が大きい折柄、なにとぞお体を大切になさってくださいませ。

・すがすがしく若葉の生い茂る頃、貴社の更なるご発展をお祈り申し上げます。

・過ごしやすい季節ではありますが、体調を崩されませぬようご自愛ください。


5月の過ごしやすい時期でも、相手の体調を気遣ったり、取引先の繁栄を願う一文を入れましょう!

スポンサードリンク


こんな季語を入れてみよう!


5月に使いやすい季語を集めました。


惜春、暮春、立夏、軽暑

葉桜、新緑、若葉、万葉、青葉

風薫る、五月晴れ、鯉のぼり、過ごしやすい季節


鯉のぼりは5月5日前のお手紙に限定しましょう。


すがすがしいこの時期の緑を表した表現が多いので、季語を上手に使えばお手紙全体がさわやかな印象になりますよ。


「惜春」や「晩春」、「暮春」といった表現も5月初めの方がぴったりくる印象になります。



いかがだったでしょうか?


すがすがしい季節をお手紙に乗せる、という気持ちで5月の季節の挨拶を考えてみてくださいね。

スポンサードリンク