季節の挨拶があると、お手紙をきちんとまとまった印象にすることができます。


また、書き出しと結びをしっかりと考えることでさらにいい印象に!


ポイントを押さえつつ、季語を盛り込んでいきましょう。

4月

季節の挨拶ってどんなもの?


季節の挨拶は、時候の挨拶とも呼ばれ日本のお手紙の定番ともいえるものですね。


お手紙には基本的に改まった表現の場合、「拝啓」から始まり、「敬具」などの表現で締めくくります。


その「拝啓」の後に季節に応じた書き出しを入れ、「敬具」の前に同じように結びを書くのが普通です。


最近のビジネス文書などでは省略されていきなり本題、といったことも増えてきました。


季節の挨拶がないからといって必ずしも失礼だという訳ではありません。


でも、季節の挨拶があることによってビジネスでもプライベートでも温かみを添えることができるのです。



そんなお手紙に潤いを与えてくれる季節の挨拶を活用していきたいですね。


では、具体的に4月ならどのように書いていったらいいのでしょうか?

4月の書き出し・結びはどんな感じ?


4月といえば、新年度。新生活をスタートさせる方も多いシーズンですね。


それに加えて桜の時期でもあります。


4月の書き出し


・桜花の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお察し申し上げます。

・仲春の候、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

・春爛漫のみぎり、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。


ビジネスで使いやすい表現も、まさに「春爛漫」ですね。


・花冷えが続いています。お風邪など召されずお元気でお過ごしでしょうか。

・桜の美しいうららかな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

・春風が心地よい季節となりました。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

・桜の花もあっという間に散り、つつじの美しい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。


プライベートで使いやすい表現も、花に関係したものが使いやすく美しいですね。


では、結びもみていきましょう。

4月の結び


・新年度を迎え、ますますお忙しいかと存じますが皆様お体をどうか大切になさってください。

・心地よい季節、健やかなる日々をお過ごしくださいませ。


新年度や春という季節感を盛り込むといいですね。

スポンサードリンク


こんな季語を入れてみよう!


では、自分で考える場合に参考になる4月の季語をピックアップしていきます。


桜花、春爛漫、春陽、仲春、春暖、晩春

桜、花冷え、桜前線

うららか、おだやか、新年度、春風、春眠暁をおぼえず

入学シーズン、新入生、新学期、入社式、新入社員


春と言えば!といったら思いつきそうな何とも春らしいフレッシュさのある言葉が並んでいます。


4月の中頃なら「仲春」、終わりなら「晩春」といった表現がぴったりです。


春らしい素敵な言葉を使いやすい時期でもありますので、ぜひ言葉選びを楽しむ気持ちで季節の挨拶を考えてみてくださいね。


いかがだったでしょうか?


季節の挨拶に苦手意識があったという方も、ぜひお手紙を楽しむという気持ちを忘れずに書いてみてくださいね。

スポンサードリンク