季節の挨拶は、お手紙全体をまとめてくれる効果があります。


また、少し改まった手紙では必須なので3月にぴったりの書き出し・結びをしっかり覚えて季語を活用していきましょう!

3月

季節の挨拶の基本って?


季節の挨拶にどんなイメージを持たれているでしょうか?


ちょっと面倒、とかなんか難しいというようなイメージが多いかもしれません。


でも、本当は季節に応じて相手を気遣う、というものです。


ちょっとした気遣いだと思えば、気軽に書けそうですよね。


ビジネスにはちょっと固め、親しい人には少しくだけた感じの表現を使ってOKなど暗黙のルールも結構ありますが、慣れればまったく難しくありません。


ビジネスに使えそうな固めの表現とくだけた感じの表現を紹介しますので、お好きな表現があったら組み合わせて使ってみてくださいね。


では、具体的な書き方について見ていきましょう。

3月の書き出し・結びはどんな感じ?


基本的に書き出しにも結びにも季節感を取り入れるのがおすすめです!


3月の書き出し


・陽春の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

・春分のみぎり、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。

・萌芽の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

・春まだ浅い弥生の候、皆様ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

このような表現がビジネスシーンにはぴったりですね。


「ご繁栄」や「ご清祥」などの表現は、いわば決まり文句ですがどんな季節の言葉でも合わせられるのでとても便利です。


さらに「~の候」や「~のみぎり」の前にひとこと付け加えると機械的でなくなります。


・もうそろそろ桜の便りを聞くころとなりました。ご家族お変わりなくお過ごしでしょうか?

・山の色もすっかり春めいてきました。お風邪など召されずにお過ごしでしょうか。

・一雨ごとに暖かさが増す季節になりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

・草木の芽吹きが目に美しい季節ですね。お元気でお過ごしでしょうか。


親しい関係の方には、自由に季節感を表す表現を使っていきましょう。


こちらの季節感を伝える、という気持ちで書くと自然に文章が書けますよ!

3月の結び


・季節の変わり目の時期ですので、体調を崩されませぬようにご自愛ください。

・春とはいえまだまだ肌寒い日も続きます。皆様どうかお体を大切になさってくださいませ。


このように、季節の変わり目を気遣う表現がぴったりですね。

スポンサードリンク


こんな季語を入れてみよう!


季節を表す言葉・季節感のある言葉を季語と言います。


自然から生活に関係するものまで様々なものがあるので、これらを上手に取り入れれば自分だけの季節の挨拶ができますよ!


3月の季語


早春・軽暖・春暖・春分・弥生・萌芽


桜・春の風・芽吹き・花冷え・春めく


ちなみに春分の日は、3月後半なので前半には使わない方がベターです。


このほかにも、季節を感じるものがあれば自由に取り入れてみてもOKですよ。


固くなりすぎずに相手を思いやる気持ちを忘れずにお手紙を書きましょう。



いかがだったでしょうか?


最初は定型文をそのまま真似してもOKです。


季節感があれば、オリジナリティがあっても全く問題ありません。


ぜひ、自分らしさのある季節の挨拶文を考えてみましょう。

スポンサードリンク