子供を車に乗せる時に必要になるのが、チャイルドシートの1種でもある「ジュニアシート」です。


このジュニアシートに関して、皆さんは何歳から何歳まで使用できるものかご存知でしょうか。


また、「対象年齢を超えてからも使っている人がいる」という話もあるのですが、実際にこのような方はどれくらいいるのでしょうか。


ジュニアシートの対象年齢と、対象年齢を超えても使用している人たちの有無についてご紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジュニアシートとは?


ジュニアシートは、体が大きくなってきてチャイルドシートが窮屈になってきた頃から使い始めることができるものです。


「背もたれ付きジュニアシート」と、お尻の部分のみの「ブースターシート」の2種類があり、背もたれ付きのものを使用した後にお尻の部分のみのブースターシートに切り替える場合が多いようです。


ジュニアシートは何歳から?

チャイルドシート
商品にもよりますが、このジュニアシートは背もたれ付きのものであれば大体3~4歳から、ブースターシートの場合は6歳くらいから使用することができるようです。


体型で言うと、



身長100cm以上
体重15kg以上


になっていればジュニアシートを使用することができるようです。


そして、身長がちょうど135~140cmに達すれば、車に設置されているシートベルトを着用することができるようになるので、大体10歳頃(小学校4年生)まで使用することができます。

スポンサードリンク


なぜ一定の身長が関わっているのか?


先ほど挙げた「135~140cm」という身長は、シートベルトが正常に機能する身長のことを表しています。


というのも、一般的な車に設置されているシートベルトが、身長が135~140cm以上の人を対象に作られているものだからです。


もし、身長が135~140cmに満たない子供がジュニアシートなしで車に乗っていて交通事故に遭った場合、子供の身体が前に滑り出す「サブマリン現象」という現象が発生する恐れがあります。


このサブマリン現象によってシートベルトが子供のお腹や首を圧迫してしまうので、万が一のことも考えて、ジュニアシートを使って座高を少しでも高くしておく必要があるのです。


10歳を超えても使っている子供はいるのか?

DSC_0490
DSC_0490

ジュニアシートは、子供の身長が135~140cmに届く10歳頃まで使用すればあとは大人と同じようにシートベルトだけで大丈夫なのですが、10歳を超えても使っている子供はいます。


それは、身長が135~140cmに届いていない子供です。


いくらジュニアシートを卒業する頃の年齢になったとしても、子供によっては身長が135~140cmに届いていない場合もあります。


そのような場合は、もう少し身長が伸びるまでジュニアシートを使ったほうが安全です。


ジュニアシートで子供の安全を守ろう


ここまで、ジュニアシートの対象年齢と、対象年齢を超えても使用している人たちの有無についてお話しさせていただきました。


身長のことを踏まえると、ジュニアシートの卒業時期は「年齢」ではなく「身長」にゆだねられていると言えます。


「周りがもうジュニアシートを使っていないから」という状況になると、「うちの子もそろそろ…」と考えてしまうかもしれませんが、ここはお子さんの安全を考えてあげてください。


スポンサードリンク