2月に改まった手紙やメールを出す場合、どう書いたら良いのかわからない部分も多いと思います。


くだけた感じの手紙やメールでは済まないわけですから、戸惑いますよね。


今回は、手紙やメールにおける「書き出し」と「結び」の意味、そして2月にぴったりな書き出しと結びの挨拶の例をご紹介します。
2月

「書き出し」とは?


書き出しというのは、手紙やメールの本文の冒頭に来る文章のことを言います。


季語を入れて季節感を表現する「時候の挨拶」と、送る相手の安否を気遣う言葉や、こちら側の安否を気遣ってもらったことに対する感謝の気持ちを表す言葉である「安否の挨拶」の2つから成り立っています。



「春寒の候(時候の挨拶)」+「いかがお過ごしでしょうか(安否の挨拶)」


2月の書き出し例文


時候の挨拶


立春
向春
早春
春浅
春雪
春寒
晩冬
残冬
残雪
雪解
余寒
残寒
厳寒
節分
梅花
紅梅
梅月
中陽
寒明け
軽暖
(ここまでの言葉は全て「~の候」「~のみぎり」「~の折」を繋げて使ってください)

春まだ浅く
何となく春めいて
春寒ややゆるみ
寒気は冴えかえり
三寒四温の時節
暦の上に春は立ちながら
立春とは名のみの寒さ
冬の名残りがなかなか去らず
寒気は冴えかえり
余寒厳しき折柄
暦の上に春は立ちながら
三寒四暖と申しますが
いくらか寒さもゆるみ
梅のつぼみもそろそろ膨らみ
余寒なお去りがたき折から
立春とは名のみの寒さ
春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く


スポンサードリンク



【親しい人向け】少し砕けた時候の挨拶


いくらか寒さも緩み
水ぬるむ季節となりましたが
冬の名残りがなかなか去らず
まだまだ寒さが厳しいですが
梅のつぼみがほころぶ季節となり
寒気も少しずつ緩みはじめましたが
春の陽気が待ち遠しい今日この頃
寒さの中にも春の足音が聞こえてきます
春も近いと思わせるようになりましたが
日ざしの明るさに春の気配を感じるようになりましたが


安否の挨拶


お元気ですか
お変わりありませんか
皆様いかがお過ごしですか
お元気でお過ごしでしょうか
皆様風邪など召されずにお過ごしでしょうか
ご家族様には、その後お健やかにお過ごしのことと存じます
皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます
皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます


「結びの挨拶」とは?


結びの挨拶とは、手紙やメールの本文の最後に来る文章のことを言います。


基本的には送る相手への気遣いを表現する部分で、書き出しと同様に結びの挨拶にも2月の季語を入れると、2月らしい結びの挨拶にすることができます。


結びの挨拶の例


寒気冴え返る時節ゆえ、何卒ご自愛下さい
まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください
皆様が、良き春をお迎えになりますようお祈り申し上げます
ΟΟ様のいっそうのご発展とご活躍をお祈りいたしております
三寒四温の時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます
立春とは申しますが、お風邪など召しませぬようお気を付けください
寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、どうぞお健やかにお過ごしください
長い冬もいよいよ終わりに近づいています。健康には十分ご留意ください
梅の便りが聞かれる昨今、皆々様の益々のご健勝を心よりお祈りいたしております
何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください


改まった手紙やメールは難しくない


ここまで、手紙やメールにおける「書き出し」と「結び」の意味、2月らしい書き出しと結びの挨拶の例をご紹介させていただきました。


改まった手紙やメールに対して「難しそう…」というイメージを持っている方も多いと思うのですが、実はそれほど難しいものではありません。


今回ご紹介させていただいたような例文を参考にすると意外と簡単に書けてしまうものなので、ぜひ参考になさってくださいね。



スポンサードリンク