小さな子供を車に乗せる際に必要な「ジュニアシート」


このジュニアシート、何歳から使えると思いますか?


また、やむを得ず助手席に設置する場合のポイントもご紹介します。

チャイルドシート

そもそも「ジュニアシート」って何?


「ジュニアシート」とはチャイルドシートの中の1つで、「学童用ジュニアシート」とも言います。


新生児・乳児用の「ベビーシート」や、1~4歳までの「幼児用チャイルドシート」よりも簡単に設置することができ、ベルトは車に設置されているシートベルトを使用します。


一言にジュニアシートと言っても、


・背もたれ付きのジュニアシート
・座面だけのブースターシート


の2種類があります。


背もたれ付きのジュニアシート

DSC_0490
DSC_0490

背もたれ付きのジュニアシートは、呼び名の通り背もたれ部分がついていて、体全体をしっかりガードしてくれる作りになっています。

座面だけのブースターシート


座面だけのブースターシートは、先ほどご紹介した背もたれ付きジュニアシートの背もたれ部分がない、お尻の部分だけのジュニアシートです。


ジュニアシートの対象年齢は本当は2歳から?


ジュニアシートの対象年齢は、背もたれ付きのもので「3~4歳から」、座面だけのブースターシートのものは「6歳から」とされているジュニアシートが多いようです。


ところが、「子供が黙ってチャイルドシートに座っていてくれない」といった理由からジュニアシートを2歳から使用する家庭も意外と多く、「本当は2歳から使用できるのではないか」という疑問を抱いている方も少なくありません。


結論としては、2歳でジュニアシートはまだ早いと言わざるを得ません。


ですから、2歳の間は幼児用チャイルドシートを使用して、対象年齢となる3歳を待ってからジュニアシートに切り替えるのがベストと言えます。


2歳から使用できるジュニアシートもある


中には、2歳から使用することができるジュニアシートもあります。


こういったジュニアシートであれば、2歳から使用しても問題はありません。

スポンサードリンク


ジュニアシートは助手席に設置できる?


子供が大きくなってくると、景色がよく見える助手席に乗りたがる場合も多いですよね。


ところがジュニアシートは、「エアバック作動時による子供への被害」や「助手席の子供が運転の邪魔をした場合の事故を予防する」という観点から、「後部座席への設置」が推奨されています。


助手席に設置したからと言って法律違反になるわけではありませんが、基本的には助手席ではなく後部座席に設置するのが望ましいです。


どうしても助手席に設置したい場合は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やむを得ずジュニアシートを助手席に設置する場合は、次の3つのポイントを押さえておいてください。



①前向きに設置する
②座席をギリギリまで後ろに下げてから設置する
③運転者は安全運転を心がける(エアバックが作動するような事態を起こさない)


ジュニアシートは正しく使用しよう


「ジュニアシートは2歳から使えるのか」、そして「やむを得ず助手席に設置する場合のポイント」についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


ジュニアシートを正しく使うことでお子さんの安全が守られます。


ですから、大切なお子さんの命を守るためにも、ジュニアシートを正しく使用するようにしてください。


スポンサードリンク