車を運転される方で小さなお子さんがいる場合は、「チャイルドシート」の存在が必要不可欠だと思います。


チャイルドシートの使用は法律で定められている義務なのですが、「何歳までチャイルドシートに乗せるべきなのか?」ということを把握していますか?


また、チャイルドシートがない場合、抱っこをして車に乗っても問題は無いのでしょうか。


今回は、「チャイルドシートは何歳までなのか」そして「抱っこをして乗った場合に罰則はあるのか」ということについてお話ししたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


チャイルドシートは何歳まで?


現在の道路交通法(第七十一条の三の三項)では、チャイルドシートの着用義務があるのは「6歳未満の乳幼児」とされています。


つまり、6歳まではチャイルドシートが必要になります。


チャイルドシート着用義務の落とし穴


チャイルドシートの着用義務があるのは6歳未満の乳幼児ですが、落とし穴があります。


6歳未満と聞くと、「6歳の誕生日を迎えれば着用義務はなくなる」と捉える方も多いと思うのですが、実はそうではありません。


6歳の誕生日を迎えても、小学校に入学するまでの間はチャイルドシートの着用義務があります。


ですから、厳密に言うと「6歳まで」という意味ではなく、「小学校入学まで」という意味になります。


「身長」による落とし穴も…

チャイルドシート
皆さんは、車のシートベルトと身長の関係をご存知でしょうか?


実は車のシートベルトは、身長が135~140cm以上の人の体型に合わせて作られています。


6歳の子供の平均身長は男女ともに115~120cmくらいなので、身長の面で見ればチャイルドシートの着用義務は6歳を過ぎても続きます。


そのため、着用義務が終わっていても「チャイルドシートを着用していない」という理由で切符を切られるケースもあるので、身長が135~140cmに達していない場合は「ジュニアシート」が必要になります。

スポンサードリンク


チャイルドシートを着用していない場合の罰則は?


「幼児用補助装置使用義務違反」で捕まった場合、免許の取消し等の行政処分の基礎点数が1点プラスされます。


反則金はありませんが、ゴールド免許の方が幼児用補助装置使用義務違反で捕まると、次回の免許更新ではゴールド免許ではなくブルー免許に戻ってしまいます。


抱っこして車に乗せた場合の罰則は?

DSC_0490
DSC_0490

では、チャイルドシートを使用せず、抱っこして子供を車に乗せていた場合は罰則はあるのでしょうか?


この場合に関しては、「なぜ抱っこをして車に乗せていたのか?」という理由によって罰則の有無が決まります。


実はチャイルドシートには、着用義務が免除される場合というのも存在するからです。



1.座席にチャイルドシートが固定できない場合
2.乗車人数が多くチャイルドシートを利用すると乗ることが出来ない場合
3.幼児が怪我をしているなどの理由で健康に影響が出る場合
4.極度の肥満や身体の状態により使用できない場合
5.バスやタクシーなどに乗る場合
6.医療機関などへ緊急搬送する場合
7.適切にシートベルトを装着できる座高を有する幼児の場合



このような場合は着用義務が免除されるので、抱っこをした状態で子供を車に乗せていても罰則を受けることはありません。


ただ、このような事情がないにも関わらず、抱っこをした状態で子供を車に乗せていた場合は罰則を受けることになるので、気を付ける必要があります。


チャイルドシートで子供を守ろう


「チャイルドシートは何歳までなのか」、「抱っこをして乗った場合に罰則はあるのか」ということについてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


イヤイヤ期などもあって大変かもしれませんが、大切なお子さんを交通事故から守るためにもチャイルドシート(またはジュニアシート)を必ず着用させるようにしましょう。

スポンサードリンク