赤ちゃんを育てている過程の中には、様々な「初めて」がありますよね。


もちろん絵本にも、「初めて読ませる絵本(通称:ファーストブック)」というものがあるわけですが、初めて読ませる絵本となると、どの絵本が良いのか必要以上に悩んでしまうと思います。


そこで今回は、赤ちゃんに読ませる初めての絵本を3冊厳選してご紹介したいと思います。
絵本

絵本デビューっていつからいいの?


「赤ちゃんに初めての絵本を読ませたい」と思った時に気になるのが、「いつから絵本デビューさせても良いのか」ということだと思います。


絵本デビューにおすすめな時期というのは、特にありません。


親御さんが「絵本を読ませたい」と思ったタイミングが、赤ちゃんの絵本デビューのタイミングに一番適していると言っても良いでしょう。



赤ちゃんに読ませる絵本の選び方

絵本
赤ちゃんに読ませる絵本としては、月齢に合わせてあげると良いでしょう。


月齢が低い赤ちゃんであれば、まだ視力も弱く首もすわっていない状態なので、色使いがはっきりとしていて見やすく、寝転がった状態で読んであげることができる小さいサイズの絵本がおすすめです。


月齢が高く、首が完全にすわった状態の赤ちゃんであれば、座った状態で読める大きいサイズの絵本を選んであげても良いでしょう。


また、赤ちゃんは「ぶーぶー」「わんわん」「どんどん」などといった「擬音語(擬態語)」を好む傾向があるので、擬音語がたくさん登場する絵本を読んであげると喜んでくれます。


スポンサードリンク



初めて読ませる絵本オススメ3選

子供
ではここからは、赤ちゃんに初めて読ませる絵本としてオススメな絵本を3冊ご紹介したいと思います。


【まついのりこ】じゃあじゃあびりびり


赤ちゃんの身の回りにある物の名前と形、そして発する音を結び付けてくれる、擬音語を楽しみながら勉強もすることができる絵本です。


カラフルではっきりとした色使いのイラストなので赤ちゃんもわかりやすいですし、コンパクトで丈夫な作りになっているので、親御さんとしては持ち運びにも便利です。


【エリック=カール】はらぺこあおむし


日曜日に生まれた小さなあおむしが曜日を追うごとに大きくなっていって、最後は美しい蝶になるというお話の絵本です。


シンプルで理解しやすいストーリー展開になっていること、そして仕掛け絵本になっているので赤ちゃんも興味を持ちやすいですよ。


こちらは様々なサイズのものが出ている絵本なので、赤ちゃんの月齢などに合わせてサイズを選んであげてください。

【わかやまけん】しろくまちゃんのほっとけーき


可愛いしろくまちゃんが、お母さんと一緒にホットケーキを作るお話の絵本です。


「食べ物が中心になっている」ということもそうですが、ホットケーキが焼けるまでの様子が「どろどろ」「ぷつぷつ」「ぺたん」といった擬音語で表現されているので、赤ちゃんも興味を持ってくれるはずです。


絵本セットもおすすめ!

絵本
「赤ちゃんに読ませる絵本を一度にそろえてしまいたい」という方には、絵本が何冊かセットになったものもおすすめです。


ちなみにファーストブックの絵本セットとしては、


【松谷みよ子】 松谷みよ子あかちゃんの本A・B・C(各3冊セット)
【松谷みよ子】 松谷みよ子あかちゃんの本(全9冊セット)
【かがくいひろし】 だるまさんシリーズ「が・の・と」(3冊セット)
【林明子】 くつくつあるけのほん(4冊セット)
【とだこうしろう】 赤ちゃん絵本セット(4冊セット)


といったものがあります。


絵本で赤ちゃんとのコミュニケーションを


赤ちゃんに読ませる初めての絵本を3冊厳選してご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


絵本を読み聞かせするお父さん・お母さんの声を聞いて赤ちゃんは安心しますし、絵本を読み聞かせしている時間は親子のスキンシップの時間にもなります。


是非、絵本で赤ちゃんとコミュニケーションを取る時間を作ってみてください。


スポンサードリンク