梅雨シーズン到来の6月。


そんな雨の季節に生まれる赤ちゃんの名前を考えましょう。


男の子と女の子の名前で季節にピッタリなものをご提案します!

6月

6月生まれの名前に盛り込みたい漢字は?


雨がしとしと降る梅雨の季節、6月。


アジサイもきれいな季節ですね。


また、古来からの呼び名では「水無月(みなづき)」・「季夏(きか)」・「葵月(あおいづき)」・「風待月(かぜまちづき)」など素敵な表現がたくさんあります。


水無月は有名でも、その他は新しい発見だったという方も多いのではないでしょうか。


この季節を好きになってもらえるような漢字をピックアップしてみました。


夏,雨,風,水,蛍,草,茂,涼 など


梅雨のしっとりとしたイメージや夏の始まり、蛍のシーズンという漢字を集めました。


和のイメージの名前にぴったりの感じが多いですね。

男の子の名前で季節にピッタリなものは?

男の子
季節感たっぷりの「夏」・「雨」・「風」からみていきましょう。


夏衣・海(かい),夏月(かづき),夏樹(なつき)


雨竜(うりゅう),莉雨(りう)


威風(いふう),風河・風我(ふうが),風吾(ふうご)


季節感と男の子の名前ならではのカッコよさがある名前になりそうですね。


では、続いて「草」・「茂」・「涼」のつく名前です。


草介・草輔(そうすけ),草太郎(そうたろう),草也(そうや)


茂(しげる),茂臣(しげおみ),和茂(かずしげ)


涼(りょう),涼弥(すずや),涼平(りょうへい)


古風だけど雰囲気のある名前といった感じのものが多くなりますね。


濁点のつく名前の場合、なるべく苗字に濁点がある方は避けることも多いようです。


また、苗字の最後の文字と名前の最初の文字が同じ文字になると発音がしにくいのでそれも避けた方が無難です。

スポンサードリンク


女の子の名前で季節にピッタリなのは?

女の子
しっとりとした和風美人をイメージした名前がぴったりの季節ですね。


では、「夏」・「雨」・「風」・「水」を続けてみてみましょう。


夏奈恵(かなえ),夏梨菜(かりな),涼夏(りょうか)


時雨(しぐれ),夏雨(かさめ),雨音(あまね)


風音(かざね),風佳(ふうか),風菜(ふうな)


彩水(あやみ),紫水(しすい),水生(みお・みき)


みずみずしい美しさが感じられる名前ですね。


では、「蛍」・「草」・「涼」も考えてみましょう。


蛍は、当て字や平仮名で音を生かしても素敵ですね。


蛍・ほたる(ほたる)


千草(ちぐさ),露草(つゆくさ),草乃(くさの)


涼華(りょうか),涼音(すずね),涼子(りょうこ),涼歌(すずか)


梅雨ならではのしっとりした名前を!



梅雨ならではのしっとりした雰囲気の名前を多めにピックアップしてみました。


梅雨の季節がある日本ならではの味わいを大切に名づけに生かしていきましょう。


しっとりとしたイメージというと女の子だけかと思っていた方も多いかもしれませんが、男の子でも梅雨の雰囲気の素敵な名前を付けることができますよ。


ぜひ柔軟に名前の付け方を検討してみてくださいね。

スポンサードリンク