おたふく風邪が妊婦さんに感染すると心配な影響があることはご存知でしょうか?


特に妊娠初期には嘔吐をつわりと間違えて放置してしまうこともあります。


妊娠初期のおたふく風邪のリスクと対処法について考えてみましょう。
妊娠

おたふく風邪ってどんな病気?



おたふく風邪とは、ムンプスウイルスによって引き起こされる伝染性の感染症です。正式名称は「流行性耳下腺炎」という病気です。



初期症状としては、38度台の発熱と耳の下を中心とした顔の腫れがみられます。
大人の場合、初めて感染すると40度などの高熱が出てしまうケースもあり、重症化が心配されています。
耳の下の腫れている部分が痛んで、ご飯や飲み物を飲みこむのが辛くなってしまったりもします。


他には、頭痛やだるさ、お腹が痛くなったり、気分が悪くなることもあります。
食欲も落ちてしまい、全身的に症状が出るのが特徴ですね。
風邪のような症状と発熱、耳の下のあたりの腫れがよく知られている症状です。

妊婦さんがなると危険なの?


よく大人がおたふく風邪になると大変、という話を聞きませんか?
おたふく風邪は子供がよくなる病気というイメージはあながち間違いではありませんが、大人になってから感染すると重症化しやすいという特徴があります。


妊婦さんの場合には、妊娠初期に感染するとかなり危険です。
具体的にいうと、流産のリスクが高まります。


妊娠中の病気というと、お腹の赤ちゃんへの影響が心配ですがおたふく風邪が原因でお腹の赤ちゃんに先天性の奇形が生じることはあまり報告されていません。
一番怖いのは、妊娠初期に感染した場合の流産であることを知っておきたいですね。


もし、おたふく風邪になってしまうと対症療法しかすることができません。
対症療法というのは、文字通り症状を抑える治療のことで根本的におたふく風邪を治すという方向性のものではありません。
発熱を抑えたり、痛みをおさえたりするような治療のことです。


つまり、かかってしまったらほぼ自力での回復ということになりますので、まずはかからないようにすることが大切なのです。
おたふく風邪には予防接種もあります。
妊娠を希望している女性でまだおたふく風邪の予防接種をしたことのない方は、一度検討してみるのがおすすめです。


また、症状が出ない潜伏期間にうつってしまうことが非常に多いという特徴もあります。
そのため、家族が感染して知らないうちに妊婦さんにもうつってしまうという危険があります。


妊娠を希望している場合、夫やパートナーにも予防接種を受けてもらうことが流産のリスクを減らしてくれます。

スポンサードリンク


嘔吐などの症状をつわりと間違えることもある?


妊娠初期には、つわりの症状が出る妊婦さんも非常に多いですね。
つわりの症状で嘔吐や気持ちの悪さ、食欲不振などが出てくる人がいます。
倦怠感を感じることもあり、おたふく風邪の初期症状と似た感じになることもあります。


耳の下の腫れが特徴的なのですが、その程度は人それぞれです。
妊娠中の症状であるつわりと間違えてしまって、おたふく風邪の感染に気付かないと対処が遅れてしまいます。
もし、つわりにしてはひどいと感じたり、いつもと体調が違うように感じたら、早めに病院へ行きましょう。

スポンサードリンク