赤ちゃんの風邪のひきはじめにはお風呂に入っても大丈夫?


お子さんが体調を崩してしまった時のお家でできる対処法をご紹介します。

赤ちゃん 風邪

赤ちゃんの風邪のひきはじめの症状とは?


赤ちゃんはまだ自分で体調の悪さなどを大人に伝えることができません。
そうなると、体調不良になるとよくぐずったり泣いたりするようになります。
赤ちゃんはまだ低月齢のうちはとにかくよく泣きますが、おむつでもなく授乳やミルクでもないのに何故かよく泣いているときは体調不良のサインである可能性もあります。


また、大人と同じように鼻水やくしゃみ、せきなどが増える場合があります。
お腹の風邪の場合には、下痢ぎみになってしまったり、便の回数が増えることも多いでしょう。

赤ちゃんは大人に比べて平熱が高く36度台後半から37.5度などの子が多いものです。
でも、37.5度を超える熱があり機嫌が悪いようなら風邪などの体調不良の可能性が非常に高いです。
この機嫌が悪いというのが赤ちゃんの体調を考える際のバロメーターになります。


赤ちゃんが生まれてはじめて病気で病院を受診する病気のひとつに「突発性発疹」があります。
この場合突然高熱が出て、その後発疹が出るという症状が出ます。
これも熱という点では風邪と間違いやすいのですが、熱が高い割に意外とご機嫌であるという特徴があります。


この突発性発疹の場合には、病院に行っても特に何か薬をもらったりすることはありません。
でも、もし別の病気が原因で熱が出てしまっているかの判断は一般の方にはできませんので、高熱が出たら決めつけないで病院に行くことをおすすめします。

スポンサードリンク


お風呂に入ってもいいの?


昔は、風邪をひいたら悪化させないためにお風呂に入ることを控えるようにいわれたものです。
現代ではどうなのでしょうか?


いま、一般的に言われている風邪のときのお風呂に関する考え方をご紹介します。

・風邪でも機嫌が良ければお風呂にいれてもよい
・お風呂が体力的に心配ならシャワーで流すのもよい
・咳や鼻水・くしゃみ程度ならお風呂に入れても心配ない
・38.5度を超えるなど「高熱」の場合にはお風呂は控える

このような点に気をつけて、赤ちゃんをお風呂に入れるかどうか判断しましょう。
お風呂に入れないと決めた場合にも体を拭いてあげるなどして、皮膚が清潔に保たれるように気をつけましょう。


風邪で発熱していると、汗もよくかきます。
赤ちゃんは小さな体に大人と同じだけの汗腺があります。

つまり、かなりの汗っかきなのであせもになってしまわないように皮膚をきれいな状態に保ってあげることがとても重要です。
あせもなどの皮膚トラブルも赤ちゃんがご機嫌を悪くしてしまう理由のひとつです。

快適に早く風邪を治してもらうためにも、皮膚は常に清潔に保ってあげるようにしたいですね。

看病で気をつけるポイントは何かある?


赤ちゃんが風邪をひいてしまった時の看病で気をつけるポイントにはどのようなものがあるでしょうか?


・こまめな水分補給で下痢による脱水症状を防ぐ
・機嫌など全体的な様子におかしいところがないか常にチェック
・鼻水が辛そうな場合鼻吸い器を活用する
・熱が高く、機嫌も悪い場合は体力面を考慮してお風呂はやめておく
・体をふく、着替えをこまめにするなどして皮膚を清潔に


赤ちゃんの様子を見ながら、一番快適になれるように工夫してあげましょう。
普段から平熱を把握するなどして、体調の変化にすぐに気付いてあげられるようにすることもとても大切です。

スポンサードリンク