赤ちゃんにお茶はいつから飲ませることができるのでしょうか?


早く飲ませすぎると危険な面もあるって本当?


気になる赤ちゃんの水分補給についてまとめてみました!

お茶

赤ちゃんにお茶は与えてもいい?


完全母乳でもミルクでも、「赤ちゃんに水分が足りてないのでは?」と気になってしまうことがよくありますよね。


特に、目覚めや寝る前、お風呂に入った後などはお茶を飲ませたくなるものです。


でも、赤ちゃんにお茶は与えていいのでしょうか?


答えは生後1か月から種類によってはOK」です。


赤ちゃん用品のコーナーに行くと、「生後1か月~」と書かれたパッケージのお茶を見かけます。


つまり、このぐらいの時期からお茶を飲ませることは可能という訳ですね。


でも、完全母乳にしろミルクにしろ、無理にお茶を与えなければいけないという訳ではありません。


基本的に水分は母乳ミルクで、という風に考えてくださいね。

いつから与えるのがベストなの?

医者
おばあちゃん世代の方に、「白湯を飲ませないと」とか「麦茶はまだなの?」と言われる経験をしている方も少なくないでしょう。


言われたときは、素直に聞いておいた方が人間関係的な意味ではよいのですが、今は母乳の場合・ミルクの場合問わず、あまり白湯や麦茶を水分補給の中心とするのはおすすめされていません。


では、いつから麦茶やほうじ茶を飲ませるのがいいのでしょうか?


先ほど説明した通り、生後1か月過ぎてからは飲ませても害になることはありません。


でも、日常的に飲む、ということであれば離乳食開始頃を目安としてみてくださいね。


この頃になると、大人の飲食する様子に興味を示しはじめます。


飲み物も気になってくる子が多いので、離乳食を与えるときに一緒に麦茶やほうじ茶など赤ちゃんが飲んでもいいものを少しずつ与えてみてください。


最初はスプーン1杯から始めるといいですね。


欲しがるようならもっと与えても構いませんが、あまり多くなりすぎるとお腹がいっぱいになってしまい、肝心の母乳やミルク・離乳食をあまり摂らなくなってしまいます。


もしお茶を飲ませるようになって、母乳やミルク・離乳食をあまり欲しがらなくなったら少し量を減らして様子をみてください。

スポンサードリンク


早く飲ませすぎると危険というのは?

授乳
早い時期にお茶をたくさん飲ませてしまうと心配なのが肝心の母乳やミルクを欲しがらなくなってしまうという点です。


大人が思っている以上に赤ちゃんの胃に入る量は少ないので、お茶をしっかりと飲ませてしまうと栄養源である母乳やミルクを飲まなくなることがあります。


離乳食が始まったばかりでも、まだ大半の栄養は母乳やミルクに依存しています。


母乳やミルクを飲む量が減ることで必要なカロリー栄養素を摂取しづらくなってしまうことが心配なのです。


お茶を飲ませるように勧められることはよくあることです。


でも、赤ちゃんがお茶を喜んで飲まないからといってあまり心配しないでくださいね。


きちんと、おしっこやうんちが出て、顔にもつやがあるようならまず水分不足の心配はありません。


赤ちゃんとお茶の付き合いは、長い目でみてゆっくり始めてみてくださいね。

スポンサードリンク