感染力がとても強く、なってしまうとインフルよりもつらい場合もあると噂のノロウィルス。


嘔吐して汚れたものを選択しても大丈夫でしょうか?


また潜伏期間でもヤバイ!という噂は本当?などノロウィルス対処法をご紹介します。
赤ちゃん インフルエンザ

冬になると流行するノロウィルス


冬になるとおなかの風邪がよく流行りますよね。その代表格がノロウィルスです。


二枚貝や牡蠣(カキ)などがよく汚染されており、生食や十分に加熱されていない料理などを食べたり、触れた手で食事をしたりすることで感染します。


牡蠣は絶対に「生食用」と表示されているものだけを生食するようにしてくださいね。怖い場合は、生食そのものを避けるという方法も安全です。


ノロウィルスになってしまうと、激しい下痢や嘔吐を繰り返します。


子供の場合吐き気が強く、大人は腹痛と下痢がひどくなるパターンが多いのが特徴です。


そして、さらに厄介なのが吐いたものや排せつ物にノロウィルスが含まれているという点。


これらに直接触った手で飲食をする他、飛沫を吸い込んだり、汚れた部分が乾いてウイルスが空中に舞い上がって空気感染をしたりととても感染力が強いのです。


そうなると困ってしまうのが、汚れたものや感染した人の服の洗濯などの衛生面ですね。

スポンサードリンク


嘔吐したものを洗濯して大丈夫?

赤ちゃん むせる
ノロウィルスは、感染力が強くさらにかなり「しぶとい」ウイルスです。


ふつう除菌というとアルコールで大丈夫、みたいなイメージがあるかもしれません。


しかし、ノロウィルスの場合「塩素系漂白剤」を使わなければ完全にやっつけることはできないのです。


色落ちや変色のリスクはありますが、ノロウィルスの感染を食い止めるためには仕方ありません。


洗濯をする場合には、まず漂白剤を入れた水につけおいてから洗います。


水10リットルあたり、40ccの塩素系漂白剤を入れるのがポイントです。


そして、30分つけおきをしてから洗濯機で洗います。


その時にはつけおきの水は捨てて、すすぎは2回以上行うのも大切なポイント。


塩素系漂白剤でしっかりとウイルスをやっつけて、しっかりと洗い流してしまいましょう。

潜伏期間でも人にうつるの?


ノロウィルスは潜伏期間が短めなのが特徴の病気です。


24~48時間で症状が出てきます。


その期間には他人にノロウイルスがうつることはあるのでしょうか?


答えは、「ゼロではないけれど感染はしづらい」です。


ノロウィルスは主に、感染した人の排せつ物やおう吐物を介して感染が広がることの多い病気です。


潜伏期間中はまだ症状が出ていないので、おう吐物や排せつ物をほかの人が触る機会はほとんどないでしょう。


潜伏期間にうつることを心配するよりも、症状が出てから感染を広げないように衛生管理を徹底することが大事かもしれません。


よくノロウイルスに効く!とうたっているものがありますが、厚生労働省が推奨している消毒方法は塩素系漂白剤のみです。


いろいろな情報がありますが、ノロウイルスに感染した人の服や汚れたものを洗濯する場合には塩素系漂白剤を使うことだけはしっかり覚えておきましょう!

スポンサードリンク