大人も子供も感染してしまうとなかなかつらい、ノロウィルス。


保育園で空気感染している場合、感染経路で多いものをトップ3形式でご紹介します!


ノロウィルスをよく知って感染をなるべく防ぎましょう。

保育園

ノロウィルスってどんな症状?


ノロウィルスに感染すると、主に胃腸に症状が出てきます。


大人でも子供でも、下痢・吐き気・嘔吐・発熱などの症状が出るのがこの病気の特徴です。


症状は激しく、かなり大人でも体力を消耗してしまうほどです。


症状がひどいときには、まったく食べ物を受け付けないという人も多いほどつらい症状が出ます。


そして、抗ウィルス薬がないので対症療法しかできないのもつらいポイントです。


病院に行くと、つらい症状を抑えながら、あまりに脱水や体力の消耗が激しい場合には水分や糖分などを補給する意味で点滴をしたりします。


こんなにつらいノロウィルスですが、冬の時期にごく一般的にはやる病気です。


とくに保育園や幼稚園などの幼児の集団生活ではかなりの確率で流行します。



では、どんな経路で感染が広がっていくのかみていきましょう。

保育園で空気感染!感染経路トップ3は?

熱
まず、ノロウィルスは生の貝類が汚染されている場合があるということを頭に入れておいてください。


それを食べてノロウィルスに感染した人から、次のような経路で広がっていきます。


接触感染


一番わかりやすいのが、お友達が突然吐いてしまってそれに触れてしまって起こる感染です。


また、不適切な方法でその後片付けをしたりすると保護者や先生などの大人が感染してしまうこともよくあります。


ノロウィルスは下痢や嘔吐などの後片付けが必要な症状がよく出てきます。


適切な方法で後片付けをしないと、すぐに感染が広がってしまいます。

スポンサードリンク


飛沫感染


あまり気持ちのいい話ではないのですが、汚物が飛び散ってしまうことはよくあることです。


その飛沫を吸い込んでしまうことで感染が広がるパターンです。


特に幼児の場合、我慢できずに突然もどしてしまうことがよくあり、その際に感染が拡大したりします。

空気感染


吐いてしまったものが乾燥すると、周りを歩いたりすることで空気中に舞い上がります。


乾いていても残念なことにまだ感染力は残っています。


空気感染を予防するためにも汚れたものは85℃の熱湯で1分以上加熱するか、塩素系漂白剤を使って消毒するという風に衛生管理を徹底しましょう。

ノロウィルス、子供のケアは?

医者
まず、怪しいと思われる症状があったり、園で流行しているという情報があった場合に体調を崩した場合はすぐに病院を受診してください。


子供は大人に比べて体力も少なく、脱水症状にもなりやすいのです。


そして、お家でできるケアはとにかく「水分補給」です。


一度にたくさん水やお茶を飲ませようとすると、胃腸が弱っているのでかなりの高確率で吐いてしまうでしょう。


スプーンを使って、スポーツドリンクをこまめに少しずつ飲ませるのがおすすめです。


また、吐いたものや下痢したときに後片付けをする際の二次感染に十分気を付けてください。


手で直接触らないように気を付けましょう。


ノロウィルスは水分補給さえ気を付ければ、数日でよくなります。


お子さんと一緒に乗りきるつもりで頑張りましょう。

スポンサードリンク