赤ちゃんの多くが感染する「突発性発疹」。


突発性発疹の症状として、発疹による顔のかゆみや鼻水といった症状が現れることがあります。


この顔のかゆみと鼻水の症状は、どう自宅でケアをすれば良いのでしょうか。
発疹

突発性発疹について


まずは最初に、突発性発疹がどのような病気なのかということについてお話ししたいと思います。


突発性発疹は、大体生後6ヶ月前後から1歳頃までの赤ちゃんがかかる病気です。


「ヒトヘルペスウイルス6型」「ヒトヘルペスウイルス7型」のいずれかのウイルスに感染することで発症します。


決して稀な病気ではなく、ほとんどの赤ちゃんがかかります。


特徴的な症状

熱
突発性発疹の症状は、突然38~39℃くらいの高熱が出るところから始まります。


高熱が3~4日続いた後、熱は下がるのですが、熱が下がったと同時に赤い発疹が現れ始めます。


この赤い発疹はやがて、お腹まわりから全身へと広がっていきます。


高熱の症状が出ている時に下痢の症状を伴うこともあります。



顔のかゆみや鼻水はある?


突発性発疹にかかった時にできる発疹は、基本的にかゆみは伴いません。


そのため、赤ちゃんがかゆがって掻き毟り、発疹の跡が残ってしまうというようなこともほとんどないのですが、かゆみの症状が現れる赤ちゃんもいます。


このかゆみの症状は、どちらかというと「お風呂に入ることができなかった」という理由から来ているようです。


また、鼻水に関しては、突発性発疹の症状としてはあまり聞かれないのですが、「鼻水が出ていて、風邪だと思って病院に行ったら突発性発疹だった」というケースもあります。

スポンサードリンク


自宅ケアが基本

医者
突発性発疹で病院に行くと、高熱を下げるための「解熱剤」や、下痢の症状がある場合は下痢の症状を抑えるための「整腸剤」といった薬しか処方されません。


つまり、「対症療法」となります。


また、自然に治る病気でもあるため、突発性発疹は「自宅ケア」が基本となります。


顔のかゆみや鼻水の自宅ケア方法3選


顔を清潔に保つ


突発性発疹の時はお風呂に入らないほうが良いのですが、高熱による汗もかいているはずですし、夏場だとさらにたくさんの汗をかいている可能性があります。


ですから、顔をかゆがる場合はぬるま湯を浸したタオル等で拭いてあげて、顔を清潔に保つようにしてみてください。


熱いタオルで拭いてしまうとかゆみが増してしまう可能性があるので、必ずぬるま湯を使ってください。


顔のかゆみを冷やす


顔をかゆがっている時は、タオルで巻いた保冷剤などを使用して患部を冷やしてあげてください。


冷やすことによって、かゆみを少しでも楽にしてあげることができます。


鼻水は「吸引器」や「綿棒」でこまめに取り除く


鼻水にはウイルスや細菌などを体外に排出する役割があるので、鼻水が出ている時は「吸引器」や「綿棒」を使ってこまめに取り除いてあげましょう。


取り除く前に鼻の部分に蒸しタオルを当ててあげると、簡単に鼻水を取り除くことができるようになります。


突発性発疹になっても慌てずに


ここまで、突発性発疹の顔のかゆみと鼻水の症状の自宅ケアの方法についてお話しさせていただきました。


稀に感染することなく成長する子供もいますが、突発性発疹はほとんどの赤ちゃんが感染する病気です。


突然の高熱に戸惑ってしまうかもしれませんが、慌てず落ち着いて対応してあげてくださいね。


スポンサードリンク