突発性発疹を発症すると、「下痢」の症状が現れることもあります。


そして、「下痢をしているとお風呂がうつる原因になる」という噂もあるとのこと。


突発性発疹が感染症である以上、下痢が感染源になるかどうかが気になるところです。


今回は、「突発性発疹による下痢が感染源になるのかどうか」ということについてお話しします。
発疹

突発性発疹とは


突発性発疹とは、生後半年から1歳くらいの赤ちゃんがかかる感染症のことです。


その病名の通り、代表的な症状は「突発的な発疹」です。


まずは先に高熱が3〜4日続いた後、お腹まわりから発疹が始まり、最終的には全身に広がります。


高熱が出ている時に下痢の症状を伴う場合が多いようです。


別名は「不機嫌病」

赤ちゃん
突発性発疹は酷い機嫌の悪さも伴います。


そのため、別名「不機嫌病」とも呼ばれています。


それは、赤ちゃんにとって初めての病気が突発性発疹である場合もあるからなのですが、とにかく機嫌が悪く、看病をするお父さんお母さんの手を煩わせます。


看病をするほうも心配と戸惑いで落ち着きませんし、赤ちゃんの機嫌の悪さに振り回されてしまうので、ある意味で大変な病気です。


突発性発疹のウイルスは?



突発性発疹の原因は、「ヒトヘルペスウイルス」というウイルスです。


多くの場合はヒトヘルペスウイルスの6型に感染したことによって発症しますが、中には7型に感染したことによって発症する場合もあります。


そのため、6型と7型それぞれで2回突発性発疹に感染することもあります。


スポンサードリンク



突発性発疹の感染経路


突発性発疹の主な感染経路は「飛まつ感染」と「経口感染」です。


多くの場合は家族からの感染で、ヒトヘルペスウイルスの抗体を持っているお父さん・お母さんの唾液によって感染するケースが多いことがわかっています。


家族以外だと、保育園や児童館などで一緒になった他の子どもの唾液を介して感染するケースがあります。


突発性発疹の下痢はうつる?


冒頭でもお話しした通り、突発性発疹を発症すると下痢の症状が現れることがあります。


ただ、突発性発疹は唾液を介して感染するものなので、ノロウイルスやロタウイルスのように下痢が感染源になるわけではありません。


ですから、突発性発疹で下痢をしている赤ちゃんと一緒にお風呂に入っても問題はありません。


下痢の症状が出ている場合は?


突発性発疹で下痢の症状が現れるのは、ちょうど高熱を出している時期になります。


下痢と高熱はどちらも身体から水分が失われやすい状態になっているので、高熱の症状だけでも気を付けなければなりませんが、下痢の症状がある場合はなおさら脱水症状に気を付けなければなりません。


赤ちゃん用のお茶やイオン飲料、湯冷ましなどを飲ませて水分補給をさせてあげてください。


また、下痢の症状が酷い場合は、医療機関で下痢止めや整腸剤を処方してもらってください。


一緒にお風呂に入っても大丈夫


ここまで、「突発性発疹による下痢が感染源になるのかどうか」ということについて解説させていただきましたが、いかがでしたか?


結論としては下痢が感染源になることはないので、一緒にお風呂に入っても感染する恐れはありません。


ただ、熱が出ている間は周りに感染を広げる恐れがあるので、気を付けてみてあげてほしいと思います。


スポンサードリンク