「子供がなかなか寝てくれなくて…」と、赤ちゃんの寝かしつけに苦労されているお母さんも多いと思います。


そんなお母さんの味方となってくれるのが「おしゃぶり」の存在です。


そこで今回は、おしゃぶりで寝かしつける秘密のコツをご紹介します。


また、「出っ歯な赤ちゃんでも大丈夫なのか」ということについてもご紹介したいと思います。

赤ちゃん

おしゃぶりを使うことのメリット・デメリット


まずは、おしゃぶりを使う前に知っておくべき「おしゃぶりを使うことのメリットとデメリット」についてお話ししたいと思います。


おしゃぶりを使うことのメリット・デメリットとしては次のようなものが挙げられます。


メリット




・寝かしつけが楽になる
・赤ちゃんが安心しておとなしくなる
・おしゃぶりを清潔にしていれば指しゃぶりよりも安全
・授乳できない時の助けになる
・ミルクの飲み過ぎを予防する
・鼻呼吸の練習になる
・舌や顎の発達を助ける
・身の回りの物を口に入れることが少なくなる
・乳幼児突然死症候群の発症率が下がる(メカニズムは不明)
など


赤ちゃん側のメリットもありますが、やはりお母さんにとってのメリットのほうが多いです。


「おしゃぶりのおかげで赤ちゃんが落ち着いてくれる」ということもあるので、お母さんの気持ちの安定にもかなり役立っているようです。


デメリット




・使い過ぎると噛み合わせや歯並びに影響する
・おしゃぶりの卒業が難しくなる
・「サイレントベビー」になる
・窒息や誤飲の恐れがある
・赤ちゃんとのスキンシップが減る
など


※いずれのデメリットも「可能性がある」というだけの話で、確実に「歯並びが悪くなる」「卒業が難しくなる」ということではありません。


スポンサードリンク



おしゃぶりで寝かしつける秘密のコツ

赤ちゃん
おしゃぶりで赤ちゃんを寝かしつけるコツは、それほど難しくありません。


赤ちゃんの唇におしゃぶりの先の部分を当てるだけです。


動物には元々、唇に触れたものに吸い付く「吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)」という原始反射が備わっているため、おしゃぶりの先を唇に当てただけで咥えてくれるはずです。


おしゃぶりを咥えさせた後は、赤ちゃんが落ち着いて眠りに落ちるのを待ってからおしゃぶりを外してあげてください。


上手に咥えられない場合は


まだ月齢が低い赤ちゃんの場合は、おしゃぶりを上手に咥えられない可能性があります。


このような場合は、お母さんがおしゃぶりを支えてあげてください。


出っ歯な赤ちゃんでも大丈夫?



おしゃぶりと出っ歯の関係性を指摘する声が多いことはご存知かと思いますが、「おしゃぶりの使い過ぎは出っ歯になる可能性がある」とされています。


もし赤ちゃんが出っ歯になっているようなら、おしゃぶりの使用は辞めたほうが良いかもしれません。


大きくなってから出っ歯を治すのは治療が必要になりますが、大体3~4歳頃までであれば、成長と共に出っ歯や噛み合わせが改善される可能性があるそうです。


頼り過ぎなければ子育ての大きな助けになる


ここまでおしゃぶりで寝かしつける秘密のコツや、「出っ歯な赤ちゃんでも大丈夫なのか」ということについてお話しさせていただきました。


確かにおしゃぶりにはデメリットもあるのですが、デメリットがあることを把握した上で「頼り過ぎないように」使用すれば問題はありません。


むしろ、大変な子育てを楽にしてくれるアイテムなので、頼り過ぎない程度に頼ってみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク