ハロウィンパーティーをもっと盛り上げる、子供でもできる簡単なゲームには何があるでしょうか?

小さいお子さんでも楽しくできそうなゲームをピックアップしてご紹介します!

ハロウィン

ハロウィンパーティーにはゲームはつきもの?



やはり、ハロウィンと言うと仮装・トリックオアトリートでお菓子をもらう・みんなで集まってパーティーをする、などが日本でも定番になってきましたね。


でも、親世代では子どもの頃にハロウィンパーティーをした経験のない方も多いかもしれません。そうすると、どんなことをしたらいいのか迷ってしまいますね。


ハロウィンパーティーで盛り上がるためには、子供でもできる簡単なゲームを用意するのがおすすめです。


小さな子でもわかるシンプルなルールのゲームで盛り上がっていきましょう!


子供でもできる簡単なゲームの例は?



では、実際にハロウィンパーティーで人気のゲームをいくつか紹介していきましょう。


どれも幼稚園・保育園世代のお子さんでも分かりそうな簡単で楽しいものばかりです。


カボチャ探し



やっぱりハロウィンと言うとカボチャが定番ですよね。宝探しゲームのカボチャバージョンと言ったところです。やり方はいたってシンプルですよ。


1.画用紙を3色用意します。そして、カボチャの形にカットして顔を描きます。

2.点数をそれぞれの色で1点、5点、10点など決めます。そして裏側に点数を書いておきましょう。

3.お部屋の中などに隠したら、制限時間内に一番多い点数を取れた子が勝ちです!


おばけボーリング



普通のボーリングなのですが、お化けの顔をプラスするだけで一気にハロウィン感が出てきますよ!

必要なもの

1.5Lや2Lなどの大きいペットボトル
マジック
ボール(ある程度大きさがあれば100均でOK)


お化けの顔を描いたペットボトルに砂か水を少しだけ入れます。あまり多すぎると倒れなくて楽しめないので注意が必要です。


あとは、普通にボーリングをして楽しむだけ。とっても簡単ですね。

スポンサードリンク



お箸でチョコつかみ



制限時間内にお皿からお皿へM&M’sやマーブルチョコなど表面が溶けにくいチョコをお箸で移します。

簡単かと思いきや大人でも意外と難しいので、熱くなってしまうこと間違いなしのゲームです。

カラフルなお皿や普段と違う可愛らしいお箸などを使ってみましょう。お皿をデコするのもおすすめです。

もちろん遊んだ後はみんなでチョコレートを食べることができるので、無駄にもなりません!



どうしたらもっと盛り上がりそう?



すぐにできそうな楽しいゲームはありましたか?他にもちょっとした普段からやっている遊びにお化けやかぼちゃなどのハロウィン要素をプラするだけでオリジナリティあふれるゲームができるでしょう。


ハロウィン要素をプラスするコツは簡単です。色を、カボチャの黄色やオレンジ系に統一する、おばけの顔を描くなどでOKです。

お部屋をハロウィンカラーでデコレーションしてゲームすればもっと楽しめそうですよね。

そして、もっと盛り上げるために賞品をを用意してあげましょう。


小さなお子さんならちょっとしたおもちゃでもいいですし、年代を問わず喜ばれるのがお菓子です。スーパーなどでハロウィン仕様のお菓子も売られていますよね。そういうものを活用すると簡単で楽しく準備できるでしょう。


今年のハロウィンは簡単なゲームでご家族お友達と盛り上がりましょう!

スポンサードリンク