「子供の成長を祝う」という意味合いを持っている七五三。


男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の時に行う七五三ですが、七五三となると、それぞれの両親、つまり子供から見れば祖父母にあたる人達から、お祝いを受け取ることもあると思います。


そのお祝いの相場、皆さんはご存知ですか?



今回は、お子さんの七五三をお祝いを控えている親御さんに向けて、祖父母からのお祝い金の相場、お返しなどについてお話ししたいと思います。



七五三

祖父母からのお祝い金の相場



七五三で、子供から見た祖父母から受け取ることができるお祝い金の相場としては、大体10,000円から30,000円の間が相場とされています。



住んでいる地域や、「外孫か内孫か」ということによって若干左右される可能性もあるのですが、10,000円から30,000円の間で包む場合が多いようです。



その他の相手からのお祝い金相場



親しいご近所の方や知人からだと、大体3,000円から5,000円程度、親戚からだと大体5,000円~10,000円程度が相場のようです。



現金以外のお祝いもある



七五三にかかる費用



七五三といえば、お金がかかりますよね。



例えば、七五三の日に着る晴れ着を用意するのにかかった費用や、写真館などで記念写真を撮るのにかかった費用など…。



そういった、七五三にかかった費用を負担してもらうという形で、お祝いしてもらう場合もあります。



物をもらうことも



お祝いを現金ではなく、物で受け取る場合もあります。



例えば、子供への贈り物の定番である「おもちゃ」や「お菓子」、「文房具」などをお祝いとして渡されることも多いです。


スポンサードリンク



お祝いはありがたく受け取ろう




いくらおめでたいこととはいえ、お祝いというのは受け取りづらいものですよね。



自分自身の両親からお祝いを受け取ることでさえも抵抗があると思いますし、ましてや義理の両親に当たる旦那さんのお父さんお母さんからとなると、受け取りづらいという気持ちも倍増するはずです。



ですが、相手方は「お祝いしてあげたい」という気持ちでお祝いをしてくださっているわけですから、ありがたく受け取ることをおすすめします。



義理の両親と良好な関係を築くためにも



「お祝いしてあげたいと思ったのに、受け取ってくれなかった」と思われてしまう…



なんてことになれば、それから先の義理の両親との関係がどうなるのか、不安になりますよね。



今後の義理の両親との関係を良好に保つためにも、ありがたく受け取りましょう。



お返しは必要?




祖父母から七五三のお祝いを頂いた場合、「何かお返しをしなければ…」という気持ちになるはずです。


ですが、七五三のお祝いというのは、基本的にはお返しは必要ありません。



お返しをする場合



お返しにはのしを付ける場合が多いです。


水引は紅白の蝶結びのもの、上段には「内祝」、下段には子供の名前をそれぞれ書いたのしを付けて、お返しをしましょう。



お返しにおすすめなのはお菓子



七五三のお祝いのお返しとして手軽で渡しやすいのは、やはり「お菓子」です。


よほどの理由がない限り、お菓子は喜ばれるものですし、宅配便を利用すれば、祖父母が遠方にいるいる場合でも渡すことができて便利です。



お返しをする場合の注意点・マナー




お祝いしてもらった金額を越えるお返しは、相手方の失礼にあたります。



ですから、お返しの金額は、お祝いしてもらった金額を越えないようにするのがマナーです。



目安としては、お祝いで頂いた金額の3割~5割程度の金額のものがおすすめです。



同封すると喜ばれるもの



祖父母が遠方にいる場合だと、晴れ姿を見ることができない場合も多いですから、晴れ姿の写真を同封すると喜ばれると思います。


また、祖父母が孫の成長を感じられるアイテムとして、祖父母に向けた手紙を子供に書かせて同封するのもおすすめです。


3歳など、まだ字が書けない子供の場合は、祖父母の似顔絵を子供に描かせたものを同封しても良いと思います。



親として失礼のない対応を



ここまで、七五三における祖父母からのお祝い金の相場、お返しなどについてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


お祝いをしてもらった場合はもちろんのこと、お返しをする場合も、感謝すると共にありがたく受け取って、親として失礼のない対応をするように気を付けることがとても重要だと思います。


スポンサードリンク