今年お子さんの七五三を迎えるという親御さんも多いと思います。


子供の成長を祝う大事な行事でもありますから、お子さんの晴れ着に関しては、「あれがいいかな?これがいいかな?」とあれこれ考えているかと思うのですが、お母さん自身の服装や髪型に関しては大丈夫でしょうか?


七五三に相応しくない身だしなみで、七五三の日を迎えようとしてはいませんか?



七五三の母親の服装や髪型などの身だしなみについて、どういった服装や髪型がベストなのか、チェックしておきましょう。


七五三 

子供より目立ってはいけない!



七五三の母親の身だしなみに関して、一番に意識しなければならないのは、「子供より目立ってはいけない」ということです。


「七五三の主役は誰なのか?」ということを考えてみれば、理由は簡単ですよね。


七五三は子供が主役であるため、母親のほうが目立ってはいけないのです。


「七五三の日にしようかな?」と考えている服装や髪型が子供より目立たないかどうか、チェックしてみてください。



この身だしなみはNG



七五三は1つの儀式でもあるため、母親の服装や髪型としては、「フォーマル」が基本です。


デニムやパンツスタイルを取り入れたカジュアルな服装は七五三の場には相応しくないので、カジュアルな服装は避けてください。


派手なアクセサリーを身につけたり、アクセサリーを付け過ぎたりするのも避けましょう。


またフォーマルと言えば、足元はパンプスが基本なので、くれぐれもミュールやサンダル、ブーツなどは履かないように気を付けてください。


派手な髪型もNG



気合を入れてヘアアレンジをするのは良いのですが、派手な髪型はやはり七五三には相応しくありません。


もちろん、派手なヘアアクセサリーも相応しくないので、ヘアアクセサリー選びにも注意が必要です。




この身だしなみがおすすめ



では、今度は逆に、七五三に相応しいおすすめの身だしなみについてご説明します。


七五三の母親の身だしなみは大きく分けて2種類、「和装」と「洋装」があります。


スポンサードリンク



和装をする場合



七五三の日に和装をする場合は、「着物」を着ることになるわけですが、着物の中でも「訪問着」「付け下げ」「色無地」といったシンプルな着物がおすすめです。


この3種類の着物は、着物の中でも格が下のほうであるため、主役である子供よりも目立ってしまう心配がありません。



和装をする場合の髪型は?



和装に似合う髪型と言えば、やはり「アップ」ですよね。


夜会巻きやお団子など、シンプルで上品に決まるヘアスタイルを心掛けましょう。


ショートヘアの方の場合はストレートのままでも良いのですが、少し巻いてふんわりとさせたり、サイドを編み込んでみたりと、簡単なアレンジをしてみましょう。



また、そのままでは物足りないので、和装に似合うヘアアクセサリーを付けると素敵です。




洋装をする場合



一言に「洋装」といっても選択肢はいくつもあるのですが、七五三で洋装をする場合は、「ワンピースにジャケットを羽織る」というスタイルがおすすめです。



ワンピースにジャケットというスタイルのお母さん方は非常に多いので、無難ではないかと思います。



また、リクルートスーツでも良いのですが、そのままのリクルートスーツでは「就活感」が出てしまって少々地味なので、コサージュなどをつけてアレンジすると、七五三の場にも相応しくなります。



もしリクルートスーツを着用する場合は、パンツではなくスカートを選んでくださいね。



洋装をする場合の髪型は?



洋装をする場合の髪型は、基本的には派手でなければ、どのような髪型でも問題ありません。



下ろして巻いても良いですし、後ろやサイドで一つにまとめても良いでしょう。



七五三の身だしなみは難しくない!



ここまで、七五三の母親の服装や髪型などの身だしなみについて解説させていただきましたが、いかがでしたか?



「面倒だなぁ…」と思ってしまう部分もあったかもしれませんが、単に「七五三という儀式であることを意識すれば良い」というだけの話なので、難しく考える必要はありません。



肩の力を抜いて、七五三の日を迎えてくださいね。


スポンサードリンク