ちょっと迷ってしまいがちなしめ飾りの処分方法!ごみの日に出すのはNG?ならどうしたらいいの?


期間はいつからいつまでがベストか?などしめ飾りの素朴な疑問にお答えします!


これで今年はもう迷いませんよ♪

しめ飾り

しめ飾りの処分方法はどうする?


普段から信心深いタイプでなくとも何となく「捨てちゃまずそう」な気がするしめ飾り。


その感覚は大いに正解です。


しめ飾りは、神様のためのものです。雑に扱うのはあまりいいことではありません。


しめ飾りの処分方法で一番良いとされているのが、


・どんど焼きでお焚きあげする

・神社にお納めして処分してもらう



この2つです。


どんど焼きというのは、地域によって名前が違ったりしますが、1月15日ごろにお正月の飾りを燃やすイベントです。


なぜお正月飾りを燃やすのかというと、天から来た神様をまた天にお送りするという意味があります。


地域の自治会・町内会などで行う場合、近所の神社で行っている場合などがあるので、お住まいの地域でのどんど焼きに参加するのがベストです。


このタイミングに忙しくて参加が難しいようなら、近くの神社に持っていきましょう。


お清めとお焚きあげをしてくれるはずなので、お任せして大丈夫です!


自分で処分する方法がないという訳ではないのですが、せっかく飾ったしめ飾り。


昔から良いとされている方法で感謝を持って処分したいものです。

スポンサードリンク


期間はいつからいつまで飾る?

島飾り
基本的にはクリスマスが終わったころ飾り、1月8日にはずすというのが普及しています。


クリスマス頃になったら、早すぎるということはないので大掃除が片付き次第飾りましょう。


ちなみに大掃除は早く済ませて悪いということはありません。


むしろ遅くなってしまい、12月29日とか31日にしめ飾りを飾ることになるのが問題です。


なぜだかお分かりになりますか?


語呂合わせでの「二重苦」と前の晩にあわてて飾った「一夜飾り」になってしまうからです。


お飾りは自分の気持ちの問題がかなり重要ですね。


なるべく12月28日、もしくは30日までに飾れるようにしっかりと大掃除や年末の用事を済ませて気持ちよく新年を迎えられるように支度をしましょう。

しめ飾り来年も使う?自分で処分する方法は?

しめ飾り
ごみをあまり増やしたくないという考え方と、お焚きあげをして神様を送り返して差し上げる・・この二つの問題で悩んでしまったりもしますよね。


日本古来の考え方では、どんど焼きなどでのお焚きあげがベストです。


でも、ごみを増やしたくないという考えが強いならもう一度使ってもタブーという訳ではありません。


また、自分で処分したい場合もきちんと手順を踏んで処分しましょう。


処分する日までは、雑に扱わないように紙などでくるんできれいな場所に保管しておいてください。


具体的な処分の仕方は、


1.処分しやすいサイズにまとめる

2.塩で清める

3.きれいに新聞紙や紙で包む

4.ごみとして処分する


このような流れになります。


少しだけ手間はかかりますが、せっかく飾ったのですから最後まできちんとした方法で感謝を込めて処分しましょう!


自分でもその方が気持ちがいいですよ♪

スポンサードリンク