お正月に様々な正月飾りを飾るというのは、日本ならではですよね。


そんな正月飾りなのですが、皆さんは外す時期を把握した上で外し、正しい方法で処分していますか?


また、「いつから飾るのか」ということもご存知でしょうか?


正月飾りの外す時期や捨て方、そして「いつから飾るのか」ということをチェックしてきましたので、その結果を皆さんにご紹介したいと思います。
正月

正月飾りはいつから飾る?


まずは、「いつから飾るのか」ということについてお話ししたいと思います。


一言に「正月飾り」といっても様々なものがあり、どこのご家庭でも飾っているポピュラーなものと言えば「鏡餅」「しめ縄(しめ飾り)」「門松」ではないかと思います。


この3種類の正月飾りはいずれも同じ時期から飾ることができます。


関東地域では12月8日から28日にかけて、関西地域では12月13日から28日にかけて飾るのが一般的です。


「クリスマスが過ぎてから」が現代風

正月
お正月の前には、「クリスマス」というビックイベントが控えていますよね。


このこともあり、最近ではクリスマスの翌日12月26日から28日の間に飾りつけをする場合が多いようです。


この日の飾りつけは避けて!


先ほど「12月28日にかけて飾るのが一般的」とお話ししましたが、これには意味があります。


12月29日は「9」という数字が入っているために「二重苦」「苦待つ」「苦に通じる」などと言われ、縁起が悪いのでNGです。


また、大晦日の12月31日は「一夜飾り」と言われ、神様に対して失礼にあたるのでNGです。

スポンサードリンク


正月飾りを外す時期は?


正月飾りを飾る時期はどれも同じでしたが、外す時期は正月飾りの種類によって違ってきます。


鏡餅


鏡餅は1月11日の「鏡開き」の日に下げます。


それからお供えしていた鏡餅を木づちで割って、おしるこやお雑煮にしておいしくいただきます。


しめ縄・門松


しめ縄と門松は同じ1月7日、「松の内」と呼ばれる日に外します。


中には松の内が1月15日までの地域もあるので、松の内が1月7日なのか1月15日までなのかを確認しておくと良いでしょう。


正月飾りの捨て方


鏡餅に関しては「食べる」ということをもって処分となるので、実質的に捨てる必要があるのは「しめ縄」と「門松」になります。


しめ縄と門松の捨て方としては、神社に処分をお願いする方法と自分で処分する方法の2通りがあります。


神社に処分をお願いする方法


正月飾りの捨て方として最も一般的なのが、この「神社に処分をお願いする」という方法です。


松の内まで飾ってから神社に持って行き、「どんど焼き」という正月飾りを燃やす行事で処分してもらいます。


自分で処分する方法


「近くに神社がない」「神社に持って行く時間がない」といった事情がある場合は、自分で個別に処分することもできます。


燃やす方法とゴミに出す方法の2種類があるのですが、自宅で燃やして処分する場合は一度「日本酒」と「塩」で土を清めてから焼却処分します。


また、ゴミに出す方法としては、正月飾りを細かくしてから日本酒と塩で清め、丁寧に新聞紙に包んでからゴミの日に出します。


まとめ


正月飾りの外す時期や捨て方、「いつから飾るのか」ということについてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


そろそろお正月のことが頭をちらつく時期だと思うので、正月飾りを飾る時期から外す時期、捨て方について参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサードリンク