おっぱい以外で赤ちゃんにミルクを飲ませる時には、「哺乳瓶」が欠かせませんよね。


ところが、嫌がって哺乳瓶でミルクを飲んでくれない赤ちゃんも多く、「どうしたら良いのだろう」と悩んでいる親御さんも少なくありません。


これでは、お母さんが赤ちゃんを置いて外出しなければならなくなったり、体調を崩してしまったりして、誰かに預けなければならなくなった場合に困りますよね。


今回は、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる場合の克服方法で効果的なものを3つ、哺乳瓶を嫌がる原因と共にご紹介します。

授乳

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる原因


赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる原因は1つ2つではありません。



・乳首の素材が嫌だ
・乳首の大きさが合っていない
・乳首が冷たい
・乳首の穴の形が吸いにくい
・哺乳瓶で飲ませる時の抱き方が良くない
・ミルクの温度が気に食わない
・ミルクの味自体が嫌だ


などといった原因により、赤ちゃんは哺乳瓶を嫌がる傾向があります。


ちなみにこの哺乳瓶嫌いは、大体1~3ヶ月頃の赤ちゃんに多く見られるものです。


哺乳瓶を嫌がるのは本能的なもの

赤ちゃん
赤ちゃん

赤ちゃんの本能は、「哺乳瓶を吸って飲むミルク」ではなく「お母さんのおっぱいを吸って飲む母乳」を求めているものです。


つまり、赤ちゃんが哺乳瓶でミルクを飲むのを嫌がるのは本能的なものなのです。


ですから、私たち大人が「どうしてミルクを飲んでくれないの?」といったところでどうすることもできないのです。


子供が嫌がる場合の克服方法


では、子供が哺乳瓶を嫌がる場合の克服方法としては、どのような方法があるのでしょうか。


いくつかある方法の中から、効果的な3つの方法をご紹介します。


スポンサードリンク




①哺乳瓶を変える



哺乳瓶というよりも、まずは先に哺乳瓶の乳首の部分を変えてみてください。


同じメーカーのものでも様々な大きさの乳首が出ているので、同じメーカーの中で乳首を変えて飲むかどうか様子を見てみてください。


もし、これでもダメだった場合は、安いもので良いので別のメーカーの哺乳瓶を買って試してみてください。


メーカーによって乳首の素材・形・硬さといったものが微妙に変わってくるので、他のメーカーの乳首だと飲んでくれる可能性があります。


②粉ミルクを変える


「搾乳した母乳は飲んでくれるのに粉ミルクの時だけ飲んでくれない」という場合は、粉ミルクの味が嫌で拒否している可能性があります。


この場合は粉ミルクのメーカーを変えてみましょう。


様々なメーカーから粉ミルクが出ているので、小さいサイズのものをいろいろと買って試してみると良いと思います。


また、粉ミルクに母乳を少し混ぜると飲むこともあります。


③抱き方と体勢を変える



哺乳瓶でミルクを飲ませる時、たいていのお母さんが赤ちゃんを軽く寝かせた体勢にして抱いていると思います。


実はこの抱き方、ミルクが飲みにくい体勢なのです。


ミルクが飲みやすい体勢というのは、赤ちゃんがお母さんのおっぱいを飲んでいる時の体勢です。


つまり、少し身体を起こした状態で抱っこしてあげたほうが飲んでくれる可能性があります。


哺乳瓶の克服方法はいろいろある!



ここまで、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる場合の克服方法を3つ、そして哺乳瓶を嫌がる原因についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


哺乳瓶を嫌がったとしても、このように克服できる方法はいろいろあります。


どの方法で哺乳瓶嫌いを克服してくれるのか、いろいろ工夫してみてくださいね。


スポンサードリンク