「おかあさんといっしょ」を親子で楽しんでいるご家庭も多いのではないでしょうか。


このおかあさんといっしょ、一般の子供たちも出演していますよね。


となると、「うちの子もおかあさんといっしょに出させたい」と考える親御さんも多いはずです。


とはいえ、やはりおかあさんといっしょへの出演は狭き門で、出演倍率も高いことで知られています。


そこで今回は、おかあさんといっしょの出演倍率、そして体操の上原りさおねえさんやいとうまゆおねえさんに会う方法についてご紹介します。


応募条件はある?


3~4歳までの子供


スタジオ収録に応募できるのは、3歳の誕生月から4歳の誕生月までです。


例えば子供が5月生まれだったとすると、満3歳になる5月から1年後の満4歳になる5月まで応募することができます。


つまり全部で13回応募することが可能です。


NHKネットクラブのプレミアム会員


おかあさんといっしょ
スタジオ収録に応募するためには「NHKネットクラブ」に会員登録していて、なおかつNHKの受信料を支払っている方のみが登録できる「プレミアム会員」でなければなりません。


「受信料がかかる」ということは別として、プレミアム会員になること自体は無料です。

おかあさんといっしょの出演倍率は?


基本的には無料で誰でも応募することができるおかあさんといっしょのスタジオ収録ですが、そうなると気になるのが出演倍率です。


おかあさんといっしょのスタジオ収録は年間200回行われており、1回の収録に参加できる子供の人数は45人です。


年間200回の収録にそれぞれ45人ずつが参加できるということなので、「45人×200回」で全部で9,000人の子供が出演できる計算になります。


そして、年間で大体20万件の応募があるということなので、9,000人÷20万件で倍率は約22倍となります。

スポンサードリンク


年間20万件というのはハガキ応募の頃のデータ


「年間20万件の応募がある」というのは、ハガキでスタジオ収録の参加募集をしていた頃のデータだそうです。


現在はインターネットで簡単に応募することができるようになったので、倍率はもっと上がっているかもしれません。


ただ、少子化の影響も少なからず受けていると思うので、急激に倍率が上がったとは考えにくいです。


たいそうのおねえさんに会うためには


運よくスタジオ収録に参加することができれば、たいそうの上原りさおねえさんには会うことができます。


ただ、上原りさおねえさんと2人で収録に参加することができる体操のコーナーは、それぞれの回の収録に参加した子供たちの中から1人だけ選ばれる仕組みになっているようです。


つまり、年間で200人の子供たちが45分の1の確率で選ばれることになるので、かなり狭き門になると思います。


いとうまゆおねえさんには会えない…


残念ながら、おかあさんといっしょのスタジオ収録に参加することはできても、いとうまゆおねえさんには会うことはできません。


2012年3月をもっておかあさんといっしょを卒業していますし、先月には女の子をご出産されたので、テレビ等でお目にかかることができるのはもう少し先になると思います。


諦めずに応募してみて!


おかあさんといっしょの出演倍率、そしてたいそうのおねえさんに会う方法についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


倍率だけを見てみれば「あんまり期待できないなぁ…」と思ってしまうかもしれませんが、応募しなければ当選する確率はゼロのままです。


応募さえすれば、当選する確率はゼロ以上に上がります。


スタジオ収録に参加させてみたいという親御さんは、諦めずに応募してみてください。


スポンサードリンク