近年、「これはなんて読むの?」という、いわゆる「キラキラネーム」の名前を持った子供たちが増えてきています。


中には「どう考えても解読不能」という名前もあるとのことで、ネット上でも話題となっています。


そこで今回は、「キラキラネームがここまで進化した!?解読不可能な子供の名前」というテーマで、2015年最新版の驚愕キラキラネームをご紹介します。

キラキラ

そもそも「キラキラネーム」の定義って?


キラキラネームとは、簡単に言えば「これはちょっと考えられないな…」と感じる読みづらい名前のことです。


「DQNネーム(ドキュンネーム)」と意味はほとんど同じで、読みづらい名前に対して良い表現をする場合に「キラキラネーム」、良くない表現をする場合に「DQNネーム」を用いるようです。


解読不可能な子供の名前・男の子編



「皇帝」(しいざあ、ふらんつ、かいざー)
「黄熊」(ぷう)
「主人公」(ひーろー)
「宇宙」(こすも)
「光宙」(ぴかちゅう)
「椀光子」(わんぴーす)
「今鹿」(なうしか)
「輝星」(べが、だいや)
「空蒼」(くう、あせい)
「振門体」(ふるもんてぃ)
など


アニメの影響を受けている名前が多いですよね。


また「主人公」「宇宙」「今鹿」といった、英語と絡めている名前も目立ちます。


「○○と読むんです」と言われてみれば、確かにそう読めないわけではないと感じる名前ではあるものの、パッと見た時に読めるかというと、そうではない名前ばかりです。


スポンサードリンク



解読不可能な子供の名前・女の子編



・「苺愛」(いちあ、べりーあ)
・「華琉甘」(かるあ)
・「美音」(りずむ、めろでぃ)
・「姫愛」(きゅあ、てぃあら)
・「唯愛」(いちか、ゆめ)
・「心姫」(はあと、ここな)
・「姫星」(きらら、きてぃ)
・「音楽」(どれみ)
・「蛍」(ねおん)
・「穂愛夢」(ぽえむ)


女の子の場合、「愛」「姫」「唯」といった漢字を使っている名前がかなり目立ちます。


男の子と同様に、英語と絡めている名前も目立ちます。


正直なところ、ほとんどが「わざわざ漢字を付けなくてもカタカナ表記にしたほうがぴったりなのではないか」と思ってしまう名前も多いです。


キラキラネームは避けるべき?


わが子にキラキラネームを付ける親御さんもかなり多いのですが、キラキラネームは避けたほうが良いのではないかと思います。


確かに素敵な由来を持った名前も多いのですが、将来的に子供自身が「なんで私の両親はこの名前をつけたのだろう」と疑問に思ってしまうような問題に直面する可能性が高いからです。


もちろん、名前が原因で親子関係に傷が入る可能性も考えられます。


また、パッと見て読めない名前だと、幼稚園・保育園・学校の先生を困らせてしまう可能性もあるので、解読可能な名前を付けることをおすすめします。


キラキラネームの進化は早い


ここまで、2015年最新版の驚愕キラキラネームをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


見ての通りキラキラネームの進化は早く、どんどんと解読不可能なキラキラネームが誕生しています。


親御さんの発想力のすごさに脱帽です。


スポンサードリンク