赤ちゃんの皮膚トラブルのケアには、「プロペト」というクリームを用いることがあります。


このプロペト、「赤ちゃんの顔に塗ると危険」という噂があり、赤ちゃんに使用するのをためらってしまう親御さんも少なくありません。


では、この噂は本当なのでしょうか。


併せて、プロペトの副作用についてもご紹介します。

疑問

「プロペト」って何?


プロペトというのは、保湿剤として用いられている油脂性のクリームのことを言います。


保湿剤として幅広く知られている「ワセリン」の仲間で、そのままお肌に塗る他、軟膏のもととなる「軟膏基材」として皮膚治療薬にも使用されています。


ワセリンをさらに精製して不純物を取り除いたものであるために純度が高く、お肌が敏感な赤ちゃんの肌トラブルに用いられることが多いです。


プロペト自体に保湿効果はありませんが、お肌を保湿した後の水分の蒸発を防ぐことができます。


乾燥はかゆみを引き起こす

赤ちゃん
お肌の乾燥は、様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。


特に赤ちゃんの場合は、乾燥によって引き起こされるかゆみを我慢することができないので、容赦なくかきむしって悪化させてしまいます。


そのため、プロペトを塗って保湿することでお肌の乾燥を予防することができ、乾燥による様々な症状を緩和することができるのです。


スポンサードリンク



「プロペトを赤ちゃんの顔に塗ると危険」は本当か?


では本題に移って、「プロペトを赤ちゃんの顔に塗ると危険」という噂は本当なのかというと、その噂は間違っています。


というのも、プロペトはお肌に刺激を与える心配がほとんどない安全性の高いものだからです。


実際に小児科や皮膚科でもよく処方されているものですし、その分赤ちゃんの顔に塗っている家庭も多いので、顔に塗っても問題はありません。


また、万が一赤ちゃんが舐めてしまったり、赤ちゃんの目に入ってしまっても特に害はないので大丈夫です。


プロペトを塗ると危険な場合も…


赤ちゃんの顔にプロペトを塗ることによる危険性は低いものの、ゼロではありません。


可能性としては稀ですが、次のような副作用が現れる場合があります。



・赤み
・かぶれ
・色素沈着
など



まずは「パッチテスト」を!


副作用が心配な場合は、使い始める前に少量お肌に塗ってみて、パッチテストをしてあげてください。


そして、プロペトを塗ったところに異常が出ていないことを確認してから、本格的な使用を開始するようにしてください。


アトピー性皮膚炎を持っている赤ちゃんは要注意


プロペトは油分であるため、お肌の表面に薄い膜を張ってコーティングし、水分の蒸発を防ぐ役割を果たしてくれます。


ただ、アトピー性皮膚炎を持っている赤ちゃんの場合、入浴後すぐにプロペトを塗ってしまうと体に熱がこもってしまい、その熱によってかゆみが強く現れる可能性があります。


ですから、入浴後すぐにプロペトを塗ることだけは避けてあげてください。


プロペトは安全性の高い保湿剤


ここまで、「プロペトを赤ちゃんの顔に塗っても大丈夫なのか」そして「副作用はあるのか」ということについてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


プロペトは安全性の高い保湿剤ですから、それほど神経質にならなくても心配はいりません。


お肌の乾燥は赤ちゃんにとっても辛いものですから、プロペトを塗って水分の蒸発を防いであげてください。


スポンサードリンク