日本人の手紙には季節の挨拶は必須ですよね!


ビジネスでもプライベートでも好印象の1月に使える表現をまとめました。


書き出しと結びをしっかり理解して季語を盛り込んでいきましょう。

1月

季節の挨拶、1月はまとめるとどんな感じ?


まず、1月というと思い浮かぶことといえばやはり「新年」や「お正月」ですよね。


これらも時候の挨拶にエッセンスとして取り入れることができます。


また、二十四節気という日本古来の暦がありますが、1月初旬から小寒、1月下旬から大寒と「寒」の時期が続くのも1月の特徴です。


よく暦と必ずしも実際の体感がかみあわないこともありますが、この「寒」の時期は全国的にかなり厳しい冬といった感じでしょう。


ここでポイントとなることがあるのですが、時候の挨拶はなるべく機械的にならない血の通った文章を作れるのが理想です。


例えば暖冬で過ごしやすい季節が続いているのに、「厳冬」や「酷寒」などの表現はあまりマッチしているとは言い難いですよね。


言葉を選ぶ前に、「今はどういう季節だろう?」と実際の体感を含めて一度考えてみるとベストな言葉を選ぶことができますよ!

書き出しと結びとは?


手紙を書くときの基本として、「書き出し」と「結び」があります。


書き出しは「拝啓」などの頭語の後に、結びは「敬具」などの結語の前にする挨拶です。


一般的に時候の挨拶というと書き出しのことをイメージされるかもしれませんが、結びにも季節感を取り入れることができ、そうすることで一体感が生まれます。


もちろん季節を問わずに使える結びの表現もありますが、せっかくなら結びにも季節感を取り入れて全体として季節感のある素敵なお手紙を目指してみませんか?


スポンサードリンク


1月の書き出しにおすすめの表現


書き出しは、ビジネスでもプライベートでも「季節の表現と相手の安否を気遣う表現」をセットにして考えます。


新春、初春、小寒、大寒、寒風、極寒、仲冬、厳冬 などの表現を時期に応じて入れるといいですね。


暖冬の場合には、そのまま暖冬という表現を使っても大丈夫です。反対に厳冬などを無理に使うとおかしな印象がありますので、実際の気候を少し配慮できるといいでしょう。


・新春を寿ぎ、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。


・冷たい雪の降る仲冬の折、お変わりなくお過ごしでしょうか。


このように、相手・ビジネスかプライベートなのかに応じて文章の固さを変えていくといいですね。

1月の結びにおすすめの表現


結びの挨拶は、「季節の表現と相手を気遣う表現」を組み合わせて考えます。


相手のこれからの幸せや健康を願う表現がどなたにも喜ばれる表現です。


・まだまだ極寒の日が続きます折、どうぞ皆様体調など崩されませぬようご自愛くださいませ。


・寒さ厳しき仲冬のみぎり、皆様ますますのご多幸とご健康をお祈り申し上げます。


・暖冬とはいえ肌寒い日が続きますので、お体を大切になさってください。


・凍り付くような寒さの季節、ご家族皆様のご健康をお祈り申し上げます。


相手の住んでいる地域などをイメージすると良いですね。どんなに寒くてもあまり雪の降らない地域などの場合、「冷雨」などの表現も使えますよ!


時候の挨拶は相手への思いやりがポイントです。


どんどん使って素敵な表現ができるように慣れていきましょう。

スポンサードリンク