時候の挨拶を1月下旬の手紙でするには、どのような言葉や表現で挨拶を考えればいいのでしょうか?


例文と合わせてもうすぐ2月のこの時期のご挨拶にぴったりの表現をご紹介します!
1月

時候の挨拶は相手への心遣い


日本のお手紙といえば時候の挨拶は切っても切り離せないものといっても過言ではないでしょう。


それだけ、日本では季節感を大切にすることや相手への心遣いを表現するということが伝統として息づいているのです。


でも、近年はそういった文化も昔に比べて身近なものではなくなってしまったという感も否めません。


だからこそ、適切な時候の挨拶が使えるということは好印象につながります。


ぜひその時期に適した時候の挨拶を使いこなして、ビジネスでもプライベートでも美しい文面を書けるようになりたいですね。

1月下旬におすすめの言葉は?


1月下旬というと二十四節気の「大寒」にあたります。


暦の上でもそうですし、実際にも体感的に一年のうちで一番寒さの厳しい時期ですね。


厳しい寒さを表現する言葉がこの時期の時候の挨拶にはピッタリです。


ビジネス編

07259e95471976f00a61104ecba23adc_m
大寒、極寒、甚寒、厳冬、寒風、降雪、冷雨 など


かなり寒そうな言葉が並んでいますね。


これらに「~の候」や「~の折」をつなげるとそのまま使える表現になります。


プライベート編

予防接種
いよいよ寒さも厳しく、雪の舞う、大寒を迎えますます寒さ厳しく など


プライベートなお手紙でもやはり「寒さ」を表現するのが一番しっくりくる時候の挨拶ですね。


相手の住む地域によっては、雪が降るのか、また冷たい雨なのかが違ってきます。


そのあたりもビジネスでもプライベートでも意識して時候の挨拶を考えると、機械的でない心のこもった文章を書くことができます。

スポンサードリンク



具体的な例文は?


では、これらの言葉を使って具体的な文章を作っていきましょう。


ある程度アレンジしても問題ないので、季語を外れない程度に自分流に変えても大丈夫です。

ビジネス編


・いよいよ寒さも厳しい大寒のみぎり、皆様ますますご壮健にてお過ごしのこととお察し申し上げます。

・身の引き締まる寒さの続く厳冬の折柄、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。


このように季節の挨拶と相手先を気遣う表現を合わせて、時候の挨拶とします。

プライベート編


・凍り付くような厳しい寒さが続きますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

・雪の舞う今日この頃、ご家族皆さまお元気でお過ごしでしょうか。


プライベートでも相手への心遣いを添えた季節感のある文章を心がけたいですね。


では、結びの挨拶も考えていきましょう。


ビジネス編


・まだまだ厳しい寒さが続きますので、皆様なにとぞご自愛くださいませ。

・厳寒の候ではございますが、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。


「皆様のご多幸をお祈り申し上げます。」という表現はどんな季節でもとても使いやすく感じのよい表現です。


結びの挨拶で迷ったら取り入れてみましょう。


プライベート編


・もうすぐ二月を迎えますがまだまだ寒さが続きますので、どうぞご自愛ください。

・春にはまだ遠い季節ですが、どうぞ健康には十分お気をつけてお過ごしください。


寒さの表現と相手へのいたわりが感じられる文を考えるのがポイントです。



かなり寒さの厳しい時期、心温まる時候のあいさつで印象アップを目指しましょう!

スポンサードリンク