時候の挨拶を1月中旬の手紙でするには、どのような言葉を選んで書けばいいのでしょうか?


例文と合わせて本格的な寒さの1月中旬のご挨拶にぴったりの表現をご紹介します!

1月

時候の挨拶はお手紙のマナー!


メールやインターネットが普及した今も、変わらず手紙で大切にされている時候の挨拶。


ビジネスシーンでは省略されることも多くなりましたが、せっかくの日本の文化ということで時候の挨拶を活用していきませんか?


慣れていないと「どうやって書いたらいいのかわからない」、「ルールがいろいろある?」など難しく考えてしまいがちなテーマでもあります。


でも、この日本のお手紙のマナーである時候の挨拶は本来そんなに難しく考える必要はないのです。


季節感を挨拶に取り入れる」、「気候に応じて相手への心遣いを伝える」と思えば自然と浮かんできます。


とはいえ、なかなか話し言葉では使わない表現もありますから、この機会に1月中旬の表現を覚えて実際のお手紙で活用できるようになりましょう!

1月中旬におすすめの言葉は?


1月中旬がどんな時期なのか考えることで、おのずと表現が決まってきます。


この時期はいよいよ本格的な寒さを迎える「小寒」を過ぎたあたり、お正月のにぎやかさが静まったあたりですね。


インフルエンザや風邪などが流行る時期でもありますので、相手方の体を気遣う表現も入れたいところです。


ビジネス編


小寒、厳寒、極寒、烈寒、降雪、寒風 など

お正月も過ぎたこの時期、厳しい寒さをイメージした言葉が並びますね。


これらの表現に「~の候」などの決まり文句をつければ、ビジネスにピッタリの表現になります。


プライベート編



寒に入り、いよいよ本格的な寒さが、星も凍る、寒風ふきすさぶ など


寒さもいよいよ一番厳しくなる時期です。


季節感を素直に表した表現がこの時期の挨拶にはピッタリです。

スポンサードリンク



具体的な例文は?


では、実際にこれらの言葉を使って真冬のこの時期に適した挨拶を考えてみましょう。


ビジネス編


・いよいよ寒さも厳しい小寒も過ぎ、皆様におかれましてはますますご壮健にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。

・吐く息も凍りつく厳寒の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。


ビジネスの手紙でも、挨拶には「寒さ」の表現を入れていきましょう。

プライベート編


・身に染みる本格的な寒さがやってまいりました。ご家族お変わりなくお過ごしでしょうか。


・夜空も凍るような寒さが続いていますね。皆様お元気でお過ごしでしょうか?


こちらも、一年でもっとも寒い時期をイメージした表現がいいですね。


では、結びの表現も考えましょう。


ビジネス編


・酷寒の折、皆様体調を崩されませぬようご自愛くださいませ。


寒さの表現+気遣う表現がこの時期にピッタリです。

プライベート編


・インフルエンザや風邪が流行しています。どうかお体に気を付けてお過ごしくださいね。


こちらはややくだけた表現で気づかいを表しています。



季節の挨拶は、相手への心遣いを大切に考えていきたいですね。


難しく考えすぎずにオリジナリティを出していきましょう!

スポンサードリンク