引っ越し祝いを送るとなるとやはり気になるのが「相場」。いくらぐらい?また、物を贈るのがいいの?などマナーが気になりますよね。


恥をかかない正しいのしの書き方、お祝いの気持ちを相手にきちんと届ける方法をお伝えしていきます!

引っ越し


引っ越し祝いの相場の金額っていくら?

報酬
引っ越し祝いの相場は相手との関係によって変わってきます。


相手との関係が近いほど金額が大きくなると思っておけば間違いありません。


・会社関係・友人なら 5,000~10,000円

・兄弟・親戚なら 10,000~30,000円



この金額を目安にすれば、失礼のない金額のギフトになります。


贈るのにおすすめの品物は、


・カタログギフト

・時計

・高級なタオル

・観葉植物

・洗剤などの日用品


これらが世代を問わずに定番として人気の高い品物です。


最近はカタログギフトが特に人気の高まっているギフトです。


正直なところ、相手の好みがよくわからない・好みに合わないものを贈ってしまったら・・などと悩むことも少なくないもの。


そういうときにカタログギフトを贈ると、金額も選べますしとても便利です。


時計・観葉植物は、好みがあったり、世話をしなければならなかったり、植物を家に置くと虫がわくのではと気にする方もいます。


好みがわかっている場合のほうが無難ですね。


植物を贈りたいと思ったら、ハイドロカルチャーといって「水耕栽培」のような土がないタイプのものがおすすめです。

スポンサードリンク


のしはどのようにするのがベスト?


まず、のしの形式についてです。


「新築祝い」も「引っ越し祝い」、」「移転祝い」も何回あっても良いとされているお祝い事です。


そのため、のしの形式は「蝶結び」で「紅白」のものを選びます。


書き方は、


・祝御新築

・新築御祝

・御引越祝


などと書きます。


筆ペンで書く場合は、「濃い方」のペンを使ってくださいね。


薄墨は弔事に使われるものなので、使わないように注意してください。


包装紙の外側にのしをかけるのが「外のし」、内側にかけるのが「内のし」といいます。


外のしのほうが改まった感じになりますので、関係に応じて使い分けてくださいね。

マナーで気を付けることってある?

ささくれ
昔から言われているマナーとして


「壁や柱にをあけて使うものは贈らない」


をイメージするものは贈らない」というものがあります。


もっと具体的にいうと、大きな額縁に入った絵や赤い色のものや火に関係するもの、キャンドルなどを避けるということです。


また、目上の方に贈り物をする場合に避けたほうが賢明な品物もあります。


・敷物やスリッパなど踏んで使うもの

・金券や現金


新築だし新しいスリッパがあったらいいのでは?とか何かとお金のかかる時期だから・・と相手を思いやってついつい贈ってしまいがちですが、かえって失礼になってしまう場合もあります。少し気を付けた方がいいでしょう。


でも、反対に相手が目下の、例えば弟や妹などの場合には金券もOKです。


実際のところ本音では金券をもらうと助かるという人が多いのです。


贈る相手の立場や状況をよく考えてふさわしいお祝いを贈りましょう!

スポンサードリンク