兄弟が結婚することになった!そうなると結婚祝いを用意するのが必須になりますね。


プレゼントの相場はいくらぐらいなのでしょうか?そして、最近人気の手作りプレゼントは本当に喜ばれるの?など身内の結婚祝いのHow toをご紹介します!

結婚式

結婚祝いのプレゼントはいくらが相場?

報酬
兄弟姉妹などの身内が結婚することになったら、心からのお祝いを贈りたいものですね。


でも、近い関係だからこそプレゼントの相場などについて迷ってしまいませんか?


一般的な兄弟姉妹へのプレゼントの相場はどのくらいで、どのような品物を贈るのがいいのでしょうか?


兄弟姉妹へのプレゼントの金額は少しはずみたいものです。


友人となると数も多いので、みんなの結婚のたびに高額なお祝いをしていたら大変かもしれませんが兄弟姉妹の場合、しょっちゅうあるというものではありませんね。


できれば品物は、1万円台後半~3万円くらいのものを贈りたいものです。


なぜこんなに金額に幅があるかというと、それぞれの経済状況は兄弟や姉妹も何となく知っていますよね。


例えばまだ学生で、兄や姉が結婚する・・という状況ならそこまで大金は用意できないものです。


反対に自分の方がもう結婚していて、社会人で・・ということなら少し弾んでもいいのかな?というような考え方です。


贈る品物は、「自分ではなかなか手が出ないけどあったら嬉しいもの」という基準で考えてみてください。


生活に便利な家電やキッチン用品が喜ばれるでしょう。


長く使えるものを選ぶものポイントです。今は、あまりそういったマナーを気にしない人も増えてきましたが「割れ物」・「消え物」といって、グラスなどの食器や食べ物、消耗品などを贈るのは高価なものであっても避けた方が無難です。

スポンサードリンク



兄弟なら手作りプレゼントも喜ばれる?

プレゼント
もちろん、手作りプレゼントも喜ばれます。


でも、ささやかな手作りプレゼントのみにしてしまうと「安く済ませようとした感」が出てしまうことも。


できれば、市販のプレゼントに加えて気持ちのこもった手作り品を贈るといいでしょう。


手作りのプレゼントとして人気なのが、結婚式に使う装飾品などです。



・リングピロー

・ビデオレター

・ウェルカムボード

・フォトフレーム(デジタルをデコレーションしたものも)


兄弟姉妹なら、どんなものが好きなのか想像もつきますし、喜ぶ顔が見たいですよね!


ただ、リングピロー・ウェルカムボードなどはすでに発注してしまっているとかぶってしまって残念な結果になってしまうことも。


サプライズにしないで「こちらで用意したい」と早めに伝えておくのもポイントです。


一緒にお金も贈るべき?


よほど生活に困っていて、兄弟姉妹もそれを知っている・・というような切羽詰まった状況でなければご祝儀はかならず贈りましょう。


兄弟で事前に話し合っていて「お互い贈らない」と決めている場合を除いては贈ると思った方がいいですね。


金額の相場は、3万円・5万円・7万円・10万円とキリのいい金額がおすすめです。


まだ大学生でアルバイト中などなら3万円、社会人で自分が年上で家庭も持っているなら10万円といった感じになります。


学生でない場合できれば、5万円以上は出したいものです。


社会人の場合はこういうことに備えて「冠婚葬祭貯金」を少額でもいいのでしておくと安心ですね。


ご兄弟に素敵なお祝いができますように!

スポンサードリンク