時候の挨拶に自信が持てない、ということよくありますよね。


11月下旬におすすめの言葉と例文をまとめました。これで初冬のお手紙もばっちりですよ!

11月

時候の挨拶は日本のマナー!


近年ビジネス文書などでは省略されることも増えてきてしまった時候の挨拶。


でも、あるとないとでは季節感が大違いです!


四季の移ろいの美しい日本に生活しているのですから、ビジネスの場やプライベートのお手紙にも時候の挨拶を取り入れていませんか?


簡単に取り入れられる季節のフレーズを覚えて、素敵なお手紙のマナーをマスターしましょう。

11月下旬におすすめの言葉を教えて!


11月下旬とはどんな時期なのかまずイメージしてみましょう。


日常生活では、もうすぐあわただしい12月すなわち師走を目前に控えた時期ですね。


季節感としては、だいぶ秋というより冬の風情が出てきたころです。


このあたりのイメージで言葉を選んで時候の挨拶を考えていきます。


11月におすすめの表現をビジネスとプライベート向けにご紹介します。



・ビジネス編


ビジネスや少し改まったお手紙にぴったりの言葉を集めてみました。

冷雨、初冬、初霜、秋冷、氷雨、落ち葉散り敷く時節 など


ビジネスなどの堅めの表現が必要な手紙では、これらに「~の候」と続けると時候の挨拶が簡単に作れます。

可能なら、もう少し言葉を続けたり、前につけることで儀礼的にならずに温かみのある文章になって印象がよくなります。

・プライベート編


若干くだけた表現のプライベート向けの言葉は次のような感じです。


吐く息も白くなり、寒さも日ごとにまして、冬の気配の近づく、冷雨が降り続く など


ビジネス文書に比べて、話し言葉に近い感じで大丈夫です。

季節感を自分の言葉で表す、というような気持ちでアレンジしても失礼にはならないので自由な発想で考えるのも楽しいですよ!

スポンサードリンク


具体的な例文は?


では、実際の手紙に書く文を考えましょう。


基本的には、文の最初に「時候の挨拶と安否の挨拶」を入れましょう。


そして、最後には季節感のある結びの挨拶でしめます。


結びの挨拶は、季節感があっても通年使えるものでも構いませんが、今回は季節感のあるものを紹介します。


・ビジネス編


先ほどの季節の表現を使って、安否の挨拶と合わせて文章にしていきます。


・日に日に寒さの厳しくなる初霜の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお察し申し上げます。

・落ち葉散り敷く時節、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。


このような表現をアレンジして使ってみましょう。


・プライベート編


ビジネス文書と作り方は同じですが、ややくだけたカジュアルな表現で自由に考えてみましょう。


・肌寒い日が日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。


・冷たい雨が降り続きますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。


相手先の地域などによっては季節感が少し違ってきたりします。


相手のお住まいをイメージして考えるとさらにいいですね。

・結びの挨拶ビジネス編


年末が繁忙期という業種も多いもの、相手を気づかうメッセージを添えましょう。


・師走に向けてますますご多忙のことと存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ。

・向寒の時節、皆様のますますのご多幸をお祈り申し上げます。


・結びの挨拶プライベート編


・暦の上ではもう冬の時期です。お風邪などひかぬようご自愛ください。

・冬がもうそこまで迫りくる季節です。どうかお体を大切になさってください。


時候の挨拶をマスターして、お手紙を季節感で彩っていきましょう!

スポンサードリンク