時候の挨拶は大人の手紙のマナー。11月中旬にはどのような言葉がふさわしいでしょうか?


おすすめの言葉と例文をまとめてみました。

11月

時候の挨拶の大切さ


時候の挨拶というと難しく考えてしまいがちですが、使うことでお手紙全体をまとまった印象に整えることができます。


また、文章の本題の前にワンクッションおくこともできます。


最近のビジネス文書では、「拝啓」などの書き出しに続いてすぐに本題に入っても問題ないとされていますが、時候の挨拶を入れることで季節感を取り入れて雰囲気を柔らかくすることができます。



難しいとか面倒、といった印象も持ってしまいがちな時候の挨拶ですが、取り入れることで日本に古くからある「季節感を大切にする心」を表現することができます。


この機会に、11月中旬に使いやすい表現を覚えてビジネス文書やプライベートに役立てていきたいですね。

11月中旬の言葉はどんな感じ?


11月中旬というと二十四節気の「立冬」を過ぎたばかりの時期にもなります。


つまり、まだ秋の雰囲気を残す時期ですが暦の上では冬の始まりということになります。


そのあたりを意識して言葉を選んで時候の挨拶を考えていきましょう!


では、具体的に盛り込みたい表現をご紹介します。

・これなら間違いない!というビジネス表現


ビジネスシーンでは、「~の候」という表現を使うことで改まった感じを演出できます。

深秋、晩秋、立冬、深冷、初冬、残菊 など


立冬を迎えた時期でもありますので、冬を少し意識した表現を取り入れるのがおすすめです。


晩秋をイメージした言葉であれば、少しオリジナリティを入れても構いません。


・季節感を伝える!プライベートにピッタリの言葉


プライベートの表現では少し柔らかい表現にするとよりその人との関係にふさわしくなりますね。


自分との関係を考えて、表現を決めましょう。


では、具体的におすすめの言葉をご紹介します。


落ち葉、寒さ、肌寒い、冬に向かう、ゆく秋の寂しさ、鍋の恋しい季節
 など


ビジネス文書に比べてくだけた表現を積極的に使っていきましょう。


自分らしさ、相手のイメージなどでオリジナリティを盛り込んでもOKです!

スポンサードリンク


例文をいくつかご紹介!


ビジネス文書でも、プライベートのお手紙でも「時候の挨拶と安否を気遣う文」をセットにすると覚えておきましょう。


これで手紙の書き出しがすっきりとまとまりますよ!


・ビジネスの場合



・日に日に冷え込みが身に染みる向寒の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・残菊の候、皆様にはますますお健やかにお過ごしのことと存じます。


先ほどのおすすめの言葉に「~の候」を付け加えるだけでも十分に失礼のない文になりますが、一言付け加えるとさらに素敵な文章になりますね。

・プライベートの場合



・鍋物の恋しい季節となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

・立冬を迎えますます寒くなってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。



これに加えて、結びの挨拶も考えれば完璧です。


・ビジネス編


・夜寒の折、体調を崩されませぬようご自愛くださいませ。

・時節柄、なにとぞご自愛くださいませ。


・プライベート編


・何かと忙しい時期を迎えます。お互い体に気を付けて師走を乗り切っていきましょう。

・朝晩の冷え込みがますます厳しくなる時期、どうぞお体を大切になさってください。


時候の挨拶を使いこなして、素敵な季節感をお手紙に添えましょう!

スポンサードリンク