ビジネスやお知らせの文書、ちょっと改まったお手紙など時候の挨拶が必要なシーンは結構多いですよね。


11月上旬にぴったりの言葉と例文をまとめました。深まる秋がキーワードですよ!


11月生まれ 名前

時候の挨拶の際に気を付けることは?


まず、季節に関係する言葉をしっかりと盛り込んでいくことが一番のポイントになります。


でも、「これは秋の言葉」と思っていても意外と間違えていたりすることもないとはいえません。


「この言葉はどうなんだろう?」と思ったら一度調べてから使うようにすると安心です。


また、お手紙は全体のバランスも重要です。


最初の挨拶と結びもセットにして考えるとさらにおさまりが良くなりますね。


最初の文章を考えたら、最後の締めくくりもセットで先に考えておくとすっきりとまとまった印象が作れます。


11月上旬にピッタリの言葉は?


11月に上旬にぴったりの言葉を集めました。


これらに、~の候、~のみぎり、~の頃などを付けて使います。


落葉、暮秋、季秋、菊花、向寒、菊薫る、深秋  など


これらの「秋」、「菊」、「落葉」などの秋が深まっていく様子がイメージできる言葉を盛り込むと11月上旬の秋深まる時期にぴったりのご挨拶ができます。


ちなみに「みぎり」というのは、「時節」や「ころ」という意味です。


もともとは「水限」と書いて、「水のしたたる際」という意味合いでしたが、そこから転じて時節を区切る意味になりました。


「~の候」、「~のみぎり」、「~の頃」というのは、語感で選んで問題ありません。


迷ったら音読してみて、どういう言葉がおさまりがいいのか、またどんな相手への手紙なのかなどをイメージしてしっくりくるものを選びましょう。


あまり難しく考えすぎる必要はありません。


本来の「季節のご挨拶をして、相手のことを気遣う」というところを意識すれば失敗がないでしょう。

スポンサードリンク


具体的な例文は?


では、具体的な例文をいくつか挙げていきます。


・初めの挨拶

まず、先ほどの11月におすすめの言葉で作ってみましょう。


改まった感じの文章です。

*落葉の候、皆様におかれましてはますますご清祥のことと心よりお喜び申し上げます。

*菊花の頃、ご家族様にはますますお健やかにお過ごしのことと存じます。

このような感じで、季節の言葉+安否を気遣う文という風に作っていきます。



もう少し親しい人の場合には、以下のような感じですね。

*紅葉も一段と鮮やかな季節になりました。皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

*朝晩の冷え込みの一段と身に染みる季節になってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。


このように季節の挨拶+安否を気遣う表現というところは改まった文も基本は同じです。


・結び

こちらは改まった表現です。

*向寒の折、どうぞご自愛くださいませ。

*時節柄、体調を崩されませぬようご自愛くださいませ。

親しい人への表現もご紹介します。

*めっきりと寒くなってまいりました。どうぞお体にお気をつけてお過ごしください。

*木枯らしの吹くこの季節、健康にはくれぐれもご留意ください。

このように季節感のある表現で締めくくると統一感のあるお手紙になります。


時候の挨拶と合わせて、覚えておきましょう!

スポンサードリンク