はじめての妊娠は分からないことだらけ!双子妊娠はいつわかるのでしょうか?


そして、働く妊婦さん向けに妊娠が発覚したらしておきたい対応3選をご紹介します。

妊娠

双子妊娠はいつわかるの?


まず、妊娠がわかるのはいつ頃なのでしょうか?


妊娠がわかるというのは、妊娠検査薬で陽性が出た!ということではありません。これはあくまでも目安になります。


病院に行って子宮に胎嚢があって、心拍が確認されて初めて正式に妊娠した、といえるわけです。


脅かすわけではありませんが、陽性であっても胎嚢と心拍が確認できるまでは100%安心という訳ではなく、子宮外妊娠などのリスクもまだ考えられます。


陽性が出たら、確認して安心するためにも早めに病院を受診してくださいね。


さて、双子の妊娠がわかる時期についてお話ししましょう。


双子だとはっきりわかり始める時期は、二卵性の場合の方が早い傾向にあります。


それは胎嚢が二つあるからです。


一卵性の場合には、一つの胎嚢に二人で入っているので少し発見が遅くなる場合があります。


早い場合には、妊娠6~7週、遅くても妊娠3~4か月にはわかりますので、健康管理をしながら待ちましょう。

妊娠初期に仕事をしている場合気を付けることは?

予防接種
妊娠初期は仕事を続けているという妊婦さんもとても多いですね。しかも、妊娠初期はつわりでとてもつらい時期でもあります。


仕事を続けるにあたって気を付けたいポイントをご紹介します。


・通勤ラッシュに注意
・エアコンなどでの冷えに注意
・なるべく平らな靴を履くようにする
・理解が得られそうなら早めに報告する


電車で通勤している場合、通勤ラッシュに重ならないようになるべく早く家を出るようにしましょう。ただでさえ、つわりなどで辛い時期なのでなるべく自分で辛いポイントを日常生活の中で減らしていくのが大切です。


また、職場は結構空調で冷えてしまうこともあります。腹巻・ひざかけ・ストールなどを活用して冷えを予防しましょう。


そして、転んだから即流産、ということはあまりありませんが、念のため靴は歩きやすいものを選んで下さいね。


職場の雰囲気にもよりますが、早めに相談しておいてよかった!という声も聞かれます。実は安定期よりも初期の方が辛い症状も多いもの。早めに相談しておくに越したことはありません。

スポンサードリンク


発覚時の対応3選はコレ!


では、職場での対応を三つご紹介します。

直接の上司に報告する


妊娠が病院で確定したら、直接の上司に報告しましょう。


安定期まで待つ、という意見もありますが、なるべく内密にしてもらうようにして、一応報告しておきましょう。


その方が急な体調不良など何かのときに安心です。

通勤スタイルの見直し


通勤する時間、方法に気を付けましょう。


ラッシュ時を避け、自転車を使う、ヒールを履くなどは控えましょう。


時間に余裕を持ち、体に無理のない通勤を心がけることが大切です。


飲み会は避ける


妊娠中のお酒やたばこはもちろんNG。


でも、副流煙も赤ちゃんのためによくありません。


同僚がまだ妊娠を知らなければ、飲み会に行ってなぜかお酒を飲まないのも不自然に感じられるかもしれませんし、煙草を吸う人も多い席です。


飲み会の参加はできれば避けた方が賢明です。



待望の赤ちゃんを授かった喜びと、妊娠と仕事の両立に対する不安で大変な時期ですね。


でも、赤ちゃんに会える幸せをパワーに妊娠生活を楽しみながら乗り切っていきましょう!

スポンサードリンク