マタニティマークはいつから使えて、どこでもらえるのでしょうか?


なんと嫌いな人もいるのだとか。その理由などマタニティマークについて調べてみました!

マタニティマーク

マタニティマークはいつから使えるの?


マタニティマークを付けるか付けないかは個人の自由です。


妊娠がわかったらすぐにつけても大丈夫ですよ。


ただ、マタニティマークがあることで周りの人がそれとなく気づいてくれることもあります。


また、具合が悪くなった時にすぐに妊婦さんだということがわかるので胎児に影響のある薬を使われてしまったりするリスクが減りますね。


妊娠が分かったらマタニティマークを付けてOKです。


反対につけたくない、という気持ちがあるなら無理につけなくても大丈夫です。


本来妊婦さんに周りの人が気づくように、という意味合いのものですが、最近は不快に思う人がいたり、それによって妊婦さんが怖い思いをしたり、なかなか扱いの難しい問題です。


本当は妊婦さんが妊娠していることを無理に隠したりしない世の中だといいのですが、心の広い人ばかりではないようです。


でも、自分と赤ちゃんを守れるのは自分自身です。


体調の悪いときだけつける、とかいつでもつける、などは自由です。


気持ち的に利用しやすいようにマタニティマークを使っていきましょう。

スポンサードリンク


どこでもらえるの?

妊娠
マタニティマークは、


・自治体で母子手帳をもらうとき一緒にもらう
・マタニティ雑誌の付録として手に入れる


という方法で入手する妊婦さんが多いですね。


自治体でもらうものは、普通の丸い形のもので、雑誌の付録の場合ハート形だったり、ラインストーンがついていたりとちょっと可愛くなっているものもよく見かけます。

嫌いな人たちがいる理由は?


嫌いな人たちの意見をいくつかご紹介します。


現在妊婦さんの方やこれから妊娠希望の方は「こういう意見もあるんだな」くらいの気持ちで読んでみてくださいね。



・いかにも譲ってくれと言っているようで嫌
・公共の場でプライベートをさらしているようで嫌
・時々座りたいだけの「偽物」もいるので不快
・なかなか妊娠できないので悲しい気持ちになる

このような意見でマタニティマークが嫌だ、反対だという人もいるようです。


妊婦さんからすると「そんなつもりはないのに・・」と感じるかもしれません。


世の中にはいろいろな見方の人がいるという例の一つですね。

大切なのは相互の思いやり!

ママ
最近、ベビーカーを公共の場に持っていくことやマタニティマークなど妊娠・育児をめぐった論争が巻き起こっています。


でも、ここで大切なのは相互の思いやりではないでしょうか。


妊娠していない人は、妊娠している人の大変さを想像してみる。


妊娠している人は、妊娠していなくても疲れていたり、大変な人もいるということを頭の片隅に留めておく。


これだけでも、ずいぶん世の中の見え方が変わってくると思います。


そして、譲ってもらったら感謝の気持ちを忘れずにいたいですね。


お互いに思いやりの気持ちを持つことが、子育てしやすい社会を作っていきます。


マタニティマークをつけるとき、見かけたときはそんなことも思い出してみてくださいね。

スポンサードリンク