「運転免許を取得したばかりの人が運転する場合は初心者マークを付ける」ということは、誰もがなんとなく把握しているものだと思います。


ただ、正しい位置がわからなかったり、いつまで初心者マークを付けていても良いのかわからなかったりする場合もあります。


そこで今回は、初心者マークの正しい位置とつけていて良い期間についてお話しします。

初心者マーク

初心者マークを付けないと…?


「初心者マークはカッコ悪いから…」といって付けない方もいるようですが、実はそれ危険行為です。


運転免許を取得して1年未満の人が初心者マークをつけることは、道路交通法によって定められている義務であるため、初心者マークを付けないで運転すると「違反」となり、捕まる可能性があります。


この場合の反則金は4,000円、行政処分減点は1点になります。


初心者マークの位置には決まりがある


好きなように貼っている方も少なくないのですが、実は初心者マークの位置にもちゃんとした決まりが存在します。


なぜなら、初心者マークは他の運転者からも見える位置に付いていなければならないものだからです。


初心者マークを貼る位置の高さ



初心者マークを貼る位置の高さとしては、「高さ0.4m以上1.2m以内で見えやすい位置」と定められています。


初心者マークは主に2種類



一般的に使用されている初心者マークは、「吸盤」で貼りつけるタイプと「磁石」で貼りつけるタイプの2種類になります。


車体の前と後ろに貼らなければいけない関係から、この吸盤と磁石の2種類がセットになった初心者マークが広く出回っており、自分で購入する他、自動車学校を卒業する時や運転免許を取得した時などにお祝いでもらうこともあります。


ただ、この時に迷ってしまうのが、「どちらの初心者マークを前(後ろ)貼るか」ということです。


スポンサードリンク



フロンドガラスに貼っても良い?


よく、吸盤タイプの初心者マークを、内側からフロントガラスに貼っている初心者の方を見かけるかと思うのですが、実はあの貼り方はNGです。


そもそもフロントガラスには、車検ステッカー・定期点検ステッカー・ETCセンサー・透明のTVフィルム以外貼ってはいけないという決まりがあります。


フロントガラスに初心者マークを貼ることで視界が狭まってしまったり、振動でゆらゆらと動く初心者マークが気になってしまったりして、運転の妨げになる恐れがあるからです。


実際に吸盤タイプの初心者マークはリアガラス専用として販売されているものですから、フロントガラスには貼らないようにしたほうが良いでしょう。


正しい貼り方はコレ


では、「正しい初心者マークの貼り方はどれなのか」というと、これまでの内容を踏まえると


吸盤タイプのものはリアガラス(後ろのガラス)の内側
磁石タイプのものはボンネット


という貼り方が正しいです。


または、磁石タイプの初心者マークを2つ購入し、ボンネットとリアゲートそれぞれに貼っても良いでしょう。


1年経っても初心者マークは付けていても良い?


基本的に、運転免許を取得してから1年が経過すれば、初心者マークを貼る義務はなくなります。


ですから、初心者マークは外しても大丈夫です。


逆に、「1年以上たったけどまだ初心者マークを付けていたい」という方もいると思うのですが、こちらも問題があるわけではないようです。

初心者マークは正しい位置にちゃんとつけよう


ここまで、初心者マークの正しい位置と、初心者マークをつけていて良い期間についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


「初めて知った」ということがあった方も少なくないはずです。


初心者ドライバーの皆さんは、今一度初心者マークの付け方を確認してみてください。


スポンサードリンク