12月になると、関わりのある方に対して手紙やメールを送る機会が増えますよね。


楽に書ける手紙やメールであれば良いのですが、改まった形の手紙やメールを書かなければならないケースも多いです。


そこで今回は、12月の季節の挨拶における書き出しと結びの解説、そして季語をまとめてみました。

12月

12月の季語まとめ


まず、「12月」を表す季語からご紹介したいと思います。


12月に手紙やメールを書く場合、書き出しと結びにこのような言葉を入れると12月らしさがプラスされて良い文章になります。


師走
寒冷
初冬
歳末
初雪
霜夜
霜寒
新雪
短日
厳寒
寒気
忘年会
クリスマス
年末
年の瀬
シクラメン
など…



「書き出し」はどの部分?


手紙やメールで言う「書き出し」とは、どの部分のことを言うのでしょうか。


例えば、


「拝啓 早いもので今年も師走となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。」


という文章があったとすると、「拝啓」の後に続く


「早いもので今年も師走となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。」


という部分が書き出しに当たります。


書き出しは2部構成


書き出しは、季節を表した「時候の挨拶」と相手の安否への気遣いやこちらの安否の気遣いへの感謝を表す「安否の挨拶」の2部構成になっています。


先ほどの文章で言うと、


・時候の挨拶は「早いもので今年も師走となりました。」

・安否の挨拶は「お変わりなくお過ごしでしょうか。」


の部分に当たります。


時候の挨拶の例



師走の候
寒冷の候
初冬の候
歳末の候
初雪の候
霜夜の候
霜寒の候
新雪の候
極月の候
忙月の候
短日の候
厳寒の候
寒気厳しき折から
寒気いよいよ厳しく
北風すさぶ季節
歳末ご多端の折
年の瀬もいよいよ押し詰まり
身を切るような寒さが感じられる季節になりました
木枯らしの吹く季節となってまいりました
寒さもいよいよ本番となりましたが
日ごとに寒さが募ってまいります
師走の冷たい風が身にしみる今日この頃です
年の瀬のあわただしさを感じる今日この頃
クリスマスソングも街に流れ始めました
早くも一年の締めくくりの時期となりました


安否の挨拶の例



いかがお過ごしでしょうか
皆様には諸事ご多用のことと存じます
お変わりなくお過ごしのことと存じます
お変わりございませんか
とりわけご多忙のことと拝察いたします
風邪などひかれておられませんか
お体の調子はいかがですか
皆様におかれましたはご健勝のことと存じます

私も元気に暮らしております
当方も何事も無く過ごしております

日ごろ格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます
何かとお心にかけていただきまして心から感謝しております


「結び」はどの部分?


手紙やメールで言う「結び」とは、本文の最後の部分のことを言います。


結びの例




忙しい年末ですが、体に気をつけてお過しください。
ご家族健康で新年を迎えられますようお祈り申し上げます。
時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げます。
来年も素晴らしい年でありますように心よりお祈り申し上げます。
来年も、ご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。
来年も、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
年末ご多忙の折ではございますが、お体にお気をつけて良き年をお迎えください。
来年も宜しくお願いします。
あなたにとって来年が輝かしい年となることを願っています。
どうぞおすこやかに新年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます



書き出しや結びに季語を入れよう!



ここまで、12月の季節の挨拶における書き出しと結びの解説と季語についてご紹介させていただきました。


12月らしい季語を使えば、12月らしい手紙やメールが書けるようになると思うので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。