12月下旬ともなると、改まった形の手紙やメールを書く機会が増えてくると思います。


そんな時に気になるのが「時候の挨拶」ではないでしょうか。


そこで今回は、12月下旬にスポットを当てて時候の挨拶の言葉と例文をまとめてみました。

12月

12月下旬はどういう時期?


皆さんにとって、「12月下旬」とはどのような時期でしょうか?


まず、「冬の寒さが本格的になってきた」という時期ですよね。


また、「年の瀬が迫ってきた」という時期でもあると思います。


11月や12月上旬・中旬であれば「冬の寒さ」に関する言葉(季語)を時候の挨拶に含めるしかなかったのですが、12月下旬は「冬の寒さ」に加えて「年の瀬」にまつわる言葉を含めることができます。


これは、「12月下旬ならでは」の言葉ですから、12月下旬に手紙やメールを書く場合は、年の瀬にまつわる言葉はぜひ入れていただきたいと思います。


そもそも「時候の挨拶」って何?


改まった手紙やメールを書く時に、「頭語」の後の部分にくるのが「時候の挨拶」です。


時候の挨拶には、その時の季節や気候を表す言葉を入れるのが一般的です。


時候の挨拶は、「毎日寒いですね」「寒さが本格的になってきましたね」などという会話を表している部分になっています。

スポンサードリンク


12月下旬の時候の挨拶に使える言葉(季語)


12月下旬の時候の挨拶に使うことができる季語としては、次のようなものが挙げられます。




忙月
歳末
年末
歳晩
寒気
木枯らし
冬将軍の襲来
年の暮れ
年の瀬
冬至
柚子湯
迎春の準備
ジングルベル
クリスマス
イルミネーション

など…。



この頃になると寒さも本格的になりますし、12月22日の冬至、12月24.25日のクリスマス、そして1年の終わりに関する言葉を季語として時候の挨拶に含めることができます。



12月下旬の言葉を交えた時候の挨拶の例文




忙月の候
歳末の候
年末の候
歳晩の候
(「~の候」は「~のみぎり」「~の折」でも可)

年の暮
暮れに近づき
あわただしい歳末を迎え
心せわしい年の暮れ
なにやかやと気ぜわしい年の暮れ
寒さひとしお身にしむ年の瀬
寒い北風が吹きつのる今日このごろ
迎春の準備に忙しい折から
年の瀬も押し迫ってまいりました
今年もいよいよ残りわずかとなってしまいました
今年もいよいよ押し迫ってまいりました
年内も余すところわずかとなりました
今年も残すところあと○日となりました
早くも一年の締めくくりの時期となりました
終日木枯らしが吹きすさんでおります
山の頂きはすっかり雪化粧しています
いよいよ冬将軍の襲来です
本格的な冬の到来を思わせる寒さです
クリスマスイルミネーションが目を楽しませてくれる季節となりました


時候の挨拶に季語を入れよう!


ここまで、12月下旬にスポットを当て、時候の挨拶の言葉と例文をまとめてみましたが、いかがでしたか?


手紙やメールの時候の挨拶に季語を入れることで季節感をプラスされ、12月下旬らしい手紙やメールを書くことができるようになるので、手紙やメールを書く機会があればぜひ試してみてほしいと思います。


スポンサードリンク